1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

osatsupapaさん

いよいよ本格化してくる2018年卒採用!

2018年卒の就活はまだ始まったばかりです。
しかし、早期に対策しておくことには非常に大きな意味があります。
就活はどれだけ早く始めたかが、どれだけ本気で取り組んだかが成否を分けます。

2018年卒の就活は、2016年6月からスタートしている

就活の時期は、大学を卒業する約2年前の6月というわけです。
これは何の時期かというと、夏期インターンシップの申し込みの時期です。 このインターンシップの申し込みの時期が、就活の開始時期です。

一方で、経団連が定める就活の正式な開始時期はもっと遅く、プレエントリーと会社説明会が解禁される時期を就活の正式な開始時期としています。
2018年卒なら2017年3月ですが、3月まで待っていたら遅すぎます。
就活は早く始めても、早すぎるということはありません。
卒業の2年前にはもう、就活の準備を始めなければなりません。

そんな中、この一斉スタートの新卒一括採用が見直されようとしている

8月3日に行われた内閣改造で初入閣した世耕弘成経済産業大臣が、大手企業で定着している新卒一括採用について「見直すよう促す」との見解を発表し、議論となっている。

「実施する企業は多いが、かなりの比率で新入社員が辞めている。採用される学生も採用する企業も、このやり方は負担だと思っている」
「今の慣行は、働く人にとっても企業にとっても感覚が合わない状況だ」
と、批判。見直しを促していくという。

新卒一括採用がなくなる? この発言に大企業も手を打つ

そのような中、状況を変えようと大企業も新しい方法を検討している。
それが、学生を紹介してもらう「リファラル制度」の導入だ。

リファラル制度とは?

リファラル採用は縁故採用とも言われ、昔からあった採用手法ではありますが、近年注目を浴びています。
日本では「縁故採用」というと比較的ネガティブなイメージを持たれがちですが、グローバルではスタンダードなリファラル採用。

この制度に注目していない大企業は、ない!!

説明会参加やES提出で内定を得る時代は終わる!

この状況が数年続くと、多くの企業は「説明会開催→選考」という従来のやり方を完全に撤廃し、「人材会社や大学などからの紹介→選考」の流れに徐々にシフトしてくるのではないかと考えております。
リクルートが基盤を作ったといわれる「新卒一括採用」の制度ですが、もしかすると10年後にはなくなっているかもしれませんね。

つまり、たくさん説明会に出て、たくさんエントリーシートを提出する。
そんな自力の就職活動は弱くなっていくというのだ。

1 2