1. まとめトップ
  2. カラダ

アスリートがやっている!運動後の疲労回復ポイント4つ

運動後のケアって大切ですね。アスリートも実践している、疲れを残さないためのポイントがあります!参考にしてね

更新日: 2016年11月17日

pinkswan999さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
267 お気に入り 55967 view
お気に入り追加

運動後のケア、疲れを残さないために大切ですね!

アスリートにとって練習での疲れを素早くとることが、翌日のパフォーマンスに繋げる鍵となります。

こんなに寝たのに疲労が取れない。運動が足らんのだな…

ランニング疲れた。 体力はまだあるけど足の疲労感がぱないの

日頃のケアで疲れを残さないということは重要になってきますね。

①必ずクールダウンをする

激しい運動をした後は、軽いジョギングなどのクールダウンを行うようにしよう。

アスリートたちは練習や試合が終わった後、時間をとってクールダウンを行います。その内容としては軽いジョギングやウォーキングであったり、身体を冷やさないようにしながらストレッチを行ったりする

クールダウンは身体に溜まった疲労を軽減し故障を予防する意味でも重要なのです。

出典i2.wp.com

クールダウンに最適な運動はストレッチや軽めのランニングです。

②運動後には糖質を補給しましょうね

特に激しい運動を行った後は体内のエネルギー源はかなり減っている状態ですので、これを補う意味でも糖質を含む食べ物・飲み物をとるように心がけましょう。

適量の糖質をできるだけ早く補給すれば、筋グリコーゲンがより早く、より多く貯蔵され疲労も回復しやすくなります。

運動の主なエネルギー源となる糖質。

つまり疲労を回復するには糖質の摂取が必要です。激しい運動を行った後でも、パンやおにぎりなど1個食べるだけでエネルギーが回復できます。

糖質は他の栄養素と比べても吸収が早く、疲労回復に即効性のある栄養素です。

出典reraku.jp

おにぎりやパン、スポーツドリンク等で素早く補給しましょう。

③疲労回復のための入浴法、交代浴がいいよ!

疲労回復を狙った入浴法に関しては、「交代浴」がおすすめです。

プロのアスリートが血行促進に取り入れているものが温冷浴。温かい風呂と冷たい風呂を交互に入ることで血行促進を測っているそうです。

冷水の後に温かいお湯に浸かったりサウナに入ると血管が広がって血流がよくなるので、老廃物が素早く除去され、疲労回復が早まります。

運動後30分以内に実施するのが効果的だと言われています。

血液がポンプのような作用を引き起こすため血液の流れが良くなって、乳酸や老廃物のなどの疲労物質をなくしてくれるんです。

湯船に浸かることが面倒臭い、という人は、冷水と温水を交互に、筋肉痛や特に疲労が出やすい箇所にかけてあげるといいでしょう。

部分的にシャワーを温冷交互にかけるといいよ。

④当たり前ですが、睡眠を十分とる(運動日は長めでOK)

睡眠時間を延長させると練習・試合での心身の状態をすべて向上した。

アスリートにとって睡眠はトレーニングと同等に大切なものであると捉えられるようになりました

ストイックに自分の身体と向き合っている人こそ、睡眠もトレーニングの一貫として捉えてみるのも、良いのではないでしょうか?

1 2





pinkswan999さん

ストリートファッション&アレンジを中心に紹介しています♪素敵なアクセサリーやファッションアイテムもすこしづつですがアップしますね♪。お気に入り登録していだければ、励みになります。よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう