1. まとめトップ

のんから松岡茉優まで!注目される若手女優のアニメ映画声優挑戦

映画やドラマ、舞台で活躍する人気女優たち。が、最近はそうした女優たちが、アニメ映画の声優に挑戦し話題に。能年玲奈さん改め「のん」さんから、松岡茉優さん、広瀬すずさん、波瑠さんなど、アニメ映画の声優で注目される女優たちをまとめました。彼女たちの声の演技に期待です。

更新日: 2016年08月26日

1 お気に入り 107460 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

monet333さん

・映画やドラマ、舞台で活躍する人気女優たち

映画やドラマ、舞台が活躍の場の女優

テレビや映画、舞台などで芝居を演じる女性俳優や女性役者の総称である女優

女優は、さまざまな場所で活躍。多くの人が思い浮かべるのは、テレビドラマや映画、さらに、舞台で活躍するという道もある

・最近は特に若手女優の活躍が注目される

最近は、有村架純、広瀬すずなどが大ブレイクを果たし、若手女優の活躍の場が大きく広がっている

昨年あたりから週刊誌や実話誌、女性誌の記事を見てみても、徐々に能年玲奈こと“のん”さんや有村架純さん、松岡茉優さんら“あまちゃん世代”をはじめ、武井咲さんや広瀬すずさんら10代後半から20代前半の女優を扱う記事が増えつつある

・が、最近はそうした女優たちが、アニメ映画の声優に挑戦し話題に

▼能年玲奈改め「のん」さん

改名後、初の本格的な仕事で声優に挑戦するのんさん

2016年11月12日公開の劇場アニメ「この世界の片隅に」の主要キャストが公開され、主人公・北條すず役を、先日「能年玲奈」から改名したのんさん(23)が演じることが決定

第13回文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した原作漫画は、第二次世界大戦下の広島が舞台。日本海軍の根拠地である呉の地に嫁いだ18歳の少女すずが、幾度も空襲を経験しながらも必死に日々を生き抜く姿と、昭和20年の夏を描く

主人公・すずの声をアニメ映画初主演となるのんが務めるほか、細谷佳正、稲葉菜月、尾身美詞、小野大輔、潘めぐみ、岩井七世、澁谷天外らが名を連ねる

のんは、片渕須直監督が「のんさん以外のすずは考えられない」と、その声にほれ込んだことから主演に抜てきされたという

声優に初挑戦したのんは、主演のオファーを受けた際について「すごく本当に、とんでもなく嬉しくて、なんか地面からふわっと浮いちゃいそうなくらい嬉しかったです!」と喜びを語っている

また初アフレコを経験して、「最初はすごく難しくて、どうしたらいいんだと悩んだんですけど、やっていくうちに絵に息を吹き込むというのが楽しくて。あぁ、声優さんはこういうことをされてたのかと思うと興奮しました」と語っている

▼松岡茉優さん

「ポケモン」に続いて注目作で声優に挑戦する松岡さん

女優の松岡茉優さん(21)が2016年8月24日、都内で行われたアニメ映画「聲(こえ)の形」(9月17日公開)完成披露上映会の舞台あいさつに出席

本作は、ガキ大将の少年・将也と、耳の不自由な少女・硝子が出会い、様々な体験を通して成長していく姿を描く青春ストーリー。TVアニメ「けいおん!」で初監督を務めた山田尚子が監督を担う

小学生時代の将也を演じた松岡は、「この映画を見て自分のことも許せたし周りのことも許せたし、明日を生きるのがすごく楽しみになりました。すごく優しくてあったかくて愛の詰まった映画だと思っています」と作品をアピール

成長した将也は声優の入野自由が演じており、松岡は1度だけ収録現場で遭遇したという。同じ主人公を演じる者同士が出会ったことで「(松岡と入野)が一人になった。本当にすごかった」と山田監督

松岡にとっては、公開中の「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」に続く声優挑戦。イベントでは「誠心誠意、頑張りました。自分のことも、周りのことも許せて、明日生きるのが楽しみになるような、やさしくあったかい愛の詰まった映画になりました」と笑顔で訴えた

▼広瀬すずさん

2015年の「バケモノの子」で声優初挑戦だった広瀬さん

1 2 3