1. まとめトップ
  2. ガールズ

捨てるのはもったいない!余った「乳液」の賢い活用法♡

化粧水と乳液を同時に使いだしても乳液ばかり余るという人も多いですよね!しかし乳液は顔に塗る以外にも使い道があるんです!そこで今回は乳液の驚くべき活用法を載せてみました♡

更新日: 2016年08月26日

190 お気に入り 39399 view
お気に入り追加

【1】肌の潤いを保ってくれる♡クレンジングとして!

乳液クレンジングは、洗顔後のかさつき、ツッパリが気になる方に好評です。さすがに、マスカラなどはクレンジングでないと落ちないと思いますが、軽いメイクなら乳液でクレンジングしてみると肌しっとり♡

クレンジングはメイクをしっかり落とすために肌に刺激の強い成分が配合されています。肌に負担をかけたくないときにぴったりなのが「乳液でのクレンジング」

油分と水分がバランスよく配合されている『乳液』は、油分を含むメイクを、肌への負担を減らしながら落とす事ができます。

【2】えびちゃんもやってる♡乳液パック

シートパックと比べれば断然安い!!保湿効果だけでなく、化粧のりをよくするなどの様々な効果があるんです♡

「乳液パック」の方法が気になっていませんか?乳液パックとは、毎日のスキンケアで使用する乳液を使った手軽でリーズナブルなパックです☆

【3】しっとりサラサラになる♡ヘアケアに!

乳液の保湿成分は、髪のパサつきにも使えます!乾燥が気になる毛先につける、またはお風呂でシャンプーをする前に乳液をなじませるだけでも、髪の潤いを保つことができますよ♪ただし、つけすぎると重くなってしまうので、様子を見ながら少しずつプラスしましょう。

乳液の成分が髪の内部まで浸透し、しっとりとまとまりのある髪の毛にしてくれます。ベタつかずサラサラな髪になりますよ!

また、髪の量が多くてまとまりにくい時なども、乳液をつけるとしっとりとサラサラの落ち着きあるヘアスタイルに仕上げることが出来るのです。

【4】今注目されている角質ケア♡ピーリングとして!

ここ最近、乳液の多機能な活用法が注目されていますが、実はくすみがちなこの時期の肌に必須の角質ケアが、お手持ちの乳液を使ってできちゃうと話題なんです。

スペシャルケアとして定番になりつつあるピーリング。最近、肌にやさしいピーリングが流行っているそう。特に乳液を使用する肌に負担をかけないピーリングが密かにブームだとか。

新しい化粧品やスキンケア方法を試す不安もなく、いつもお使いの乳液で、カンタンに角質ケアができるとても便利なケア方法として大人気です。

やり方は簡単!洗顔した後、顔全体に塗って蒸しタオルをのせます。少しおいてそっと乳液を拭き取れば、古い角質が取れてふんわり柔らかい肌に仕上がります。

【5】乾燥して固まったマスカラを復活させる♡

要領としては、ボトルに少量入れた後、フタをしてよく振ります。乳液は基本的にはどんなものでもOKですが、油分や保湿成分などがものによって違うので、かきまぜながら加減するとうまくいくようです。

マスカラって最後まで使い切る前に、カスカスに乾燥して使えなくなってしまって経験ありませんか?

乳液をマスカラの容器の中に2~3滴くらい垂らしてみましょう。ブラシでよくかき混ぜると、マスカラの中身が溶けて滑りがよくなってきます。これでダマになるのを防いだり、残り少ないマスカラもキレイに使い切ることができるんです。

クリームなどでも問題なくマスカラが復活しますが、テクスチャーが一番近い乳液がベターです。

【6】ミルク風呂が完成する♡入浴剤代わりに!

乳液をお風呂にいれるだけで、潤いバスの出来上がり。全身しっとりのすべ肌になるなら、洗面器1杯分に乳液を5滴程入れて、よくかき混ぜてボディーミルクを作るのもおすすめです。全身にゆっくり掛けると肌に油分の薄い膜が張られ、保湿効果が持続するので、潤い効果大です。

乳液剤の保湿効果や美肌成分が温められて、しっかりお肌に浸透してくれるので、お風呂上りにはしっとりしたお肌に☆

お風呂に入れるのに抵抗があったり、そんなに乳液の量が残って無い人は、足湯とかけ湯で活用!少量のお湯と乳液で済むから、かかとの乾燥が気になる人やお風呂あとのボディケアが面倒なときにオススメ♡

【7】まるで新品♡靴をピカピカにする!

1 2





ramunenomitai7さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう