足の指でしっかりと地面をつかんだ状態で、
下腹部の肉を太股の前面にひっつけるようにすると、
股関節が閉じて、身体が動く。

出典足の指で地面をつかむ

立禅・タントウ功で鍛えているのは、
実は足腰の筋肉ではなく、股関節の動きだったりする。

股関節を開いたり閉じたりすることによって、
身体を動かすことを練習するワケである。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

簡単に実践!足の指で地面を掴むように歩くと、健康に良い効果があるらしい!

足の指の力が弱まると、健康に悪影響を及ぼすことがあります。足の指を開いたりなどのトレーニングなどもありますが、歩くときに普段から意識しているとそれなりに効果が出ますので、疲れやすかったり心当たりがある方は試してみてはいかがでしょう。

このまとめを見る