1. まとめトップ

韓国ロッテグループのナンバー2が自殺…突然の訃報に衝撃が走っている

韓国ロッテグループのナンバー2、李仁源・政策本部長(副会長)(69)が26日、ソウル郊外で遺体で発見された。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年08月26日

2 お気に入り 6255 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

isaaccさん

○裏金疑惑のロッテ副会長が遺体で発見

韓国ロッテグループのナンバー2、李仁源・政策本部長(副会長)(69)が26日、ソウル郊外で遺体で発見された。

近くの乗用車から遺書が見つかっており、警察では自殺の可能性が高いとみて捜査している。

○李氏を横領や背任などの容疑で取り調べる予定だった

ソウル中央地検は26日、李氏を横領や背任などの容疑で取り調べる予定だった。

李副会長はこの日、ロッテを舞台とする裏金づくりや汚職疑惑の捜査に関連し、検察の取り調べを受ける予定だった。

李副会長は重光昭夫会長(61)の最側近で、グループ経営を指揮する政策本部長を務めていた。

○ロッテを巡っては、裏金や脱税疑惑で検察が捜査を続けている

捜査員約200人を動員してソウル市内の本社や創業者、重光武雄氏(93)の自宅兼執務室、次男でグループを率いる昭夫会長(61)の自宅など17カ所を家宅捜索した。

李明博(イ・ミョンバク)前政権時代に最も大きな恩恵を受けたロッテをめぐっては疑惑も多く、捜査の拡大も予想される。

報道によると、検察関係者は「系列会社間の取引を通じ、数十億ウォン(数億円に相当)規模の裏金をつくった疑いがある」と指摘。

○捜査は大詰めを迎えていた

地検は25日、李氏とともにグループを統括していた別の幹部を聴取するなど、大詰めの捜査を進めている。

創業者一族の経営活動を補佐するとともに、約90社に及ぶ系列会社を総括管理する強大な権限をもっていたとされる。

検察は李氏の自殺を受けて「捜査日程の再検討を考える」と話している。

○自動車の中に遺書も発見された

警察などによれば、遺体は同日朝、京畿道・楊平の散策路で発見され、近くの車から遺書が見つかったという。

自殺現場から離れた場所にある李氏のものとみられる自動車の中にはA4判で4枚の遺書とみられる文書も発見された。

韓国メディアによると、ロッテの役職員や家族にあてたもので、裏金づくりを否定するなどの内容だったという。

遺書には『ロッテグループに裏金はない。困難な時期に先に逝き申し訳ない。辛東彬会長は立派な方だ』と書かれていた。

○辛一族以外では最上級の幹部だった

検察当局はグループの不正資金の流れについても把握している可能性が高いとみて、最重要人物として事情聴取に乗り出す矢先だった。

1973年に入社した李氏(69)は創業者の辛一族以外では最上級の幹部だった。

韓国財閥5位のロッテグループの経営にとっても、ナンバー2の死去は大きな打撃となる。

1 2