1. まとめトップ

【秒速1億】与沢翼さんの人生まとめてみた

与沢翼さんの人生まとめてみた!

更新日: 2018年08月12日

13 お気に入り 389431 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

benntouさん

「秒速で1億円稼ぐ男」、与沢翼!

与沢 翼は、シンガポール在住の実業家である。
ネオヒルズ族を自称していた。
株式会社YOZAWA TSUBASA Holdings、
株式会社フリーエージェントスタイルホールディングス、
株式会社All of me(オールオブミー)代表取締役社長。

1982年11月 - 埼玉県秩父市に生まれる

幼少期から商業が身近にある環境にあった。

祖父母の経営する旅館を間近で見てお手伝いをしながら育った

埼玉の秩父という山奥で、祖父母とともに育つ。
祖父母の経営する旅館を間近で見てお手伝いをしながら育ったため、幼少期より商売というものに慣れ親しむことができた。

沢翼の子供時代の写真です(^_-)

小学校6年の時、埼玉の大宮に引っ越し

話し言葉の訛り(なまり)や生意気だという理由でいじめを受ける。

12歳~15歳の頃の写真です(^_-)実は後の家宅捜査で押収されてしまって、この頃の写真がほとんどありません。

学生時代

中学に進学すると、いじめを受けた反動で、中学一の不良に成り

中学に進学すると、いじめを受けた反動で、中学一の不良に成りあがり、大宮中の先輩や悪友、後輩とともに不良グループの連合を作り、毎日喧嘩、毎日酒の日々を送り、大宮でも有数の不良へ。
中学生ながら暴走族にボコボコにされ、病院送りにされ1か月近い入院生活を送ったことも。
中学へはほとんど出席もせず、学校へ行けば、生徒や先生が恐怖感から、私の通る道をあけて避けられるほど。

中2から始めた洋服の転売ビジネスで、
月に何十万と稼ぎ、金に困ることはなかった。

中2から始めた洋服の転売ビジネスで、月に何十万と稼ぎ、金に困ることはなかった。
高校に進学するも3日目に退学し、暴走族の道へ本格的に歩みを進める。

13歳で補導歴14回。

中3で暴走族の先輩集団にリンチを受け東大宮病院に1か月入院。その間の受験勉強で武南高等学校に合格するも3日で退学、という決して自慢できない無軌道な少年時代を送ります。

不良時代

30近いアルバイトに、ドカタや建築、鳶、神輿や的屋、
パチンコの台打ちなど、とんでもない仕事も含めて、とにかく働いた。

30近いアルバイトに、ドカタや建築、鳶、神輿や的屋、パチンコの台打ちなど、とんでもない仕事も含めて、とにかく働いた。
どこの不良よりも勤勉に働き、勤勉に喧嘩に明け暮れる。2年で700万の現金を貯金。

暴走族車やスクーター、
セルシオやシーマなどのVIPカーの転売、
個人消費者金融などで月に150万円以上を稼いでいた。

このときは、アルバイトに加え、暴走族車やスクーター、セルシオやシーマなどのVIPカーの転売、個人消費者金融などで月に150万円以上を稼いでいた。
18歳で関東最大級の暴走集会に参加し、ガサ入れからの逮捕。
不良やチンピラ、全ての関係を断ち、19歳で大学受験を決意。

1 2 3 4 5 6