ケンプヒメウミガメ

メキシコ(メキシコ湾)幼体はアメリカ合衆国東岸で見られることもある。本種最大の繁殖地としてはメキシコのランチョヌエボがあるが、一方でランチョヌエボを除いた大規模な繁殖地は確認されていない
甲長メス55-75センチメートル。体重30-50キログラム。背甲は扁平で、丸みを帯びる。肋甲板は左右に5枚ずつある。背甲の色彩は明黄褐色。
海洋に生息する。
食性は動物食で、主に甲殻類を食べる。
繁殖形態は卵生。4-6月の風が強い昼間に集団で産卵(アリバダ)する。1回に80-140個の卵を産む。卵は約60日で孵化する。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/ケンプヒメウミガメ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

あまり知られてない。希少なウミガメ図鑑

ウミガメについてまとめてみました。

このまとめを見る