1. まとめトップ

悲願の優勝…広島カープの黒田博樹と新井貴浩の万感・男泣き

プロ野球広島カープが25年ぶり7度目の優勝を果たした!ぶっちぎり首位で迎えたマジック1。2位巨人との直接対決で見事に優勝!チームの精神的支柱だった黒田博樹と新井貴浩の男泣きが感動を呼びました。

更新日: 2018年06月22日

28 お気に入り 93610 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nyokikeさん

▼広島東洋カープが25年ぶりのリーグ優勝を果たした

1-2で迎えた4回は、先頭の5番鈴木がマイコラスのカーブを完璧に捉え、左中間席へ飛び込む同点の25号ソロ。さらに場内の盛り上がりが収まらぬ中、続く6番松山も初球のカーブを右中間スタンドへ運び、わずか2球で逆転した。

広島は敵地で2位巨人を直接叩き、25年ぶりのリーグ制覇。ここまで131試合を戦い82勝47敗2分け。巨人に15ゲーム差をつける独走Vだった。

▼広島カープ優勝へのツイートがあふれる

▼ベテラン黒田博樹と新井貴浩…2人の優勝への想いが遂に結実

新井貴浩内野手(39)は優勝が決まり、黒田に抱きつかれた。黒田の涙の振動は、顔を見なくともはっきり伝わってきた。新井も自然と涙がこぼれた。

緒方監督、黒田に続き、チームメートの手で5度宙に舞った背番号25は「言葉にならない。(黒田と抱擁し)あれで一気にきた」と目を真っ赤にした。

ともに2008年にチームを離れ、黒田はメジャーで、新井は阪神で7シーズン、プレーした。そして同じく2015年に復帰した。チームの精神的支柱として、そして貴重な戦力として、チームを頂点に導いた。

▼広島カープ緒方孝市監督の優勝監督インタビュー

黒田は今シーズン、体が万全でない中、開幕からローテーションを守ってくれて。打席でも闘志あふれるプレーでチームを引っ張ってくれた。

広島の皆さん、そして全国のカープファンの皆さん。本当に長い間お待たせしました。おめでとうございます。

▼広島カープ25年ぶりのビールかけ、勝利の美酒に酔いしれた!

1 2