大量の取引が反復継続して行われる場合、その取引の都度、代金の決済をするのでは手続きが煩雑となる。

そこで、お互いの信用のもと、取引ごとに決済をすることをやめ、一定期間の売上代金をまとめて支払う約束で取引が行われる場合がある。

こうした取引を、簿記上では「掛(かけ)」という。

いわゆるツケである。

そして、売主の側からみた掛のことを、掛売りという。

出典掛売り(掛け売り) - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

新入社員必見!オフィスで困らない。何の略か分かりにくいビジネス用語。

ビジネスの中では省略して使われる言葉が多く使用されています。私が、困った略をまとめました。

このまとめを見る