1. まとめトップ

「風の谷のナウシカ」に隠された衝撃の真実

アニメ映画の「風の谷のナウシカ」だけを見てナウシカを知ったつもりになってはいけません。真実はそれよりも深く、闇と欲望にまみれているのです。

更新日: 2016年09月01日

0 お気に入り 5040 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

映画「風の谷のナウシカ」は序章に過ぎない

今も色あせないアニメ映画「風の谷のナウシカ」。
しかし漫画「風の谷のナウシカ」を知っている人はそう多くはありません。

「漫画をまとめたのが映画でしょ?」と思っている人は大間違い!
漫画7巻のうち、映画は2巻の途中までの内容をまとめたものなのです。

衝撃の真実1 作中に登場するものは全て”人工物”

腐海、蟲、巨神兵・・
これらは全て”旧世界の人間”によって作られた人工物なのです。

旧世界の人間は戦争によって汚染された世界を再生させるため、「世界浄化のプログラム」として腐海や蟲を生み出しました。
さらに、戦争を終わらせるために裁定者として巨神兵を作りました。

衝撃の真実2 ナウシカは”人造人間”

もちろんナウシカやクシャナらも旧世界の人間による人工物、すなわち”人造人間”です。

ナウシカたちは腐海などの「世界浄化プログラム」が正常に作動するための監視役として作り出されました。
ナウシカたちは腐海の毒の中でも簡易的なマスクをつけるだけで生きられるように作られています。

つまり、世界の浄化が完了した後のきれいな空気の中ではナウシカたちは生きられないのです。

衝撃の真実3 ナウシカは巨神兵を”息子”として育てる

「世界を浄化した後に自分たちが復活する」という旧世界の人間の目論見に気づいたナウシカは、それを打ち砕く決心をします。
しかし、旧世界の人間たちは卵となり「墓所」と呼ばれる堅牢な場所に保管されていました。

自分一人ではどうにもならない・・
そう気づいたナウシカは巨神兵を息子として育て、巨神兵を利用して墓所を破壊しようとします。

衝撃の真実4 ナウシカは旧世界の人間を殺して生き延びる

「自分たちは浄化された世界では生きられない」と気づいたナウシカは、それでも自分たちが生きることを決意します。

そのため対立する旧世界の人間を殺し、自分以外の人間には何も告げずに生きることを選びます。

参考

1