高畑淳子「はい、1度行ったのが8月の上旬……10日くらいにやっぱり3,4日行きまして、そして今回、仕事先からそのまま群馬に向かっていたと思っています。」

記者「最後に裕太容疑者と会ったのは、そうしますといつになりますでしょうか」

高畑淳子「えー、8月23日に、8月20日くらい、19日か20日ぐらい、朝出かけていく時だと思います。」

記者「その時は、どのような会話のやり取りがあったんですか」

高畑淳子「それがですね、あの早朝の仕事から群馬にそのまま行くということなので、あの泊りのものが、タオルとかそういうものがなくなっていたので、あ、泊まりに行くんだなということで、顔を見てないまま仕事に行って、そのまま群馬に行ったような状態で、送り出してはいません。」

記者「ということは会話がないまま現在に至っているという」

高畑淳子「そうですね、朝早く出ていって……ままですね」

記者「何か変わった様子など見受けられましたでしょうか」

高畑淳子「顔を合わせておりません。」

記者「顔を合わせてないのが、じゃあしばらく続いていた状態ですか」

高畑淳子「いえ、でも帰って来てますので、夜寝ているところとか、あのソファに転がっているのを見てはいますが。」

記者「じゃあ多くの会話があったというわけではないんですね」

高畑淳子「そうですね。」

記者「最後に1つ、昨日、面会での差し入れは、何を差し入れたんでしょうか」

高畑淳子「Tシャツです。」

記者「Tシャツ1枚?」

高畑淳子「はい」

記者「今後も面会に行こうというお考えはありますか?」

高畑淳子「はい」

記者「その際、何か差し入れたいものとかはありますでしょうか」

高畑淳子「いままだそこまで考えが・・すみません。」

記者「週刊文春のかしわぎと申します。かなり、その芸能界に入られてから浮かれてたとさっきおっしゃってましたけど、他の芸能人の方から何か苦言というか、あの役者仲間の方から何か言われたというようなことはありましたか」

高畑淳子「私が知る限りでは、苦言というようなものはなかったと思います。色んな方からお誘いを頂けて、可愛がっていただけているような気がしてました。」

記者「かなりその女性の芸能人で、彼のことを嫌がっているような方がたくさんいらっしゃったようですが、あのそれをテレビでそういうのが流れたを見た時に、高畑さんご本人はどういうお気持ちでみてらっしゃったんでしょうか」

高畑淳子「ああいうタイプの男の子が、嫌なのは多いだろうなと思います。」

記者「読売テレビ、ミヤネ屋のなかやまと申します。よろしくお願いします。母親がこの辺りわかるのかって言う疑問なんですけど、その性的な衝動を抑えられないというような、行動にブレーキがかからないというような、そういったところはあったんでしょうか」

高畑淳子「私が見る顔は、家庭の中だけの顔で、その中でいま思い出されることはないように思えますが。」

記者「警察では計画性があったんではないかということも含めて調べを進めている中で、本人は欲求が抑えられなかったと、ドアを開けて立っていた女性に対しそういう欲求が抑えられなかったという風に話していると伝えられていますけども、そういうことがありそうな雰囲気というか」

高畑淳子「そのことは、いま皆様が報道されていることなので、それがどうであるかということは、この場では本当に申し上げられない、申し訳ないんですが。あの……」

記者「これまでの息子さんとのかかわり合いの中ではそういうのはなかったわけですね。そうすると」

高畑淳子「ないと思っていました。」

記者「あのトラブルはなかったとおっしゃっていましたけれど、こういった犯罪というのは繰り返される傾向にあるというのはご存知だと思うんです。以前に、当事者間の話し合いに収まったけれども、実は無理やりそういうことがあったんだとか、そういったことは過去にあるんでしょうか」

高畑淳子「ございません」

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

60分超‼高畑淳子謝罪会見全文&さんま、坂上etcからのコメント

女優・高畑淳子の息子で俳優の高畑裕太さんが強姦致傷の容疑で逮捕された事件についての芸能人らのコメント、さんま、テリー伊藤、小倉、謝罪会見、

このまとめを見る