記者「そうすると、お母さんからしますと、こういうことが起こるというのは全く持って予想だにできずというか、それこそ先ほどから危機感という言葉か先ほどから聞かれてましたけど、こういった性的な犯罪を息子が起こすということに関しての危機感は感じられなかった」

高畑淳子「ございませんでしたが、いまそれを言ってももういけないことではないかと思うほどなので……はい。」

記者「家族であるとか、たくさんの仕事であるとか、こういったものでブレーキがかからない状況っていうのはお母さんから見てどう感じられますか」

高畑淳子「家族が、22歳の男性にずっと付いているということは・・・ただうちでの私のできるだけのケアはしたような気でおりましたが、それもいま申し上げることではないように思います。」

記者「すみません、度々申し訳ないんですけども、先ほどあの接見の時には、裕太容疑者について、この罪状については伺えなかったということなんですが、弁護士さんからはどのようにお話があったんでしょうか。というのは、いま強姦致傷という容疑になっていますけども、これを全て認めているということなんでしょうか。」

高畑淳子「そのことは、皆様方の方がずっとお詳しくていらっしゃると思うんですが、申し上げられないと……」

記者「弁護士さんからは何も伺っていないんですか」

高畑淳子「それをこの場で申し上げることはできないと思います。私も度々、このような会見を一視聴者として見ている時に、どうしてグズグズ言わないんだろうと思っていましたけども、世の中には私どもの知り得ないルールがたくさんあるんだということを今回初めて、本当に初めて知りましたので、その辺はどうぞご容赦ください。」

記者「すみません、事件のことをお話しすると接見が禁止になると言うことではあったんですけれども、例えば息子さんの方から、被害者の方について例えば謝罪のようなことはあったんでしょうか。」

高畑淳子「はい、もちろんです。申し訳ない、申し訳ないを繰り返していました。」

記者「その申し訳ないというのは、お母さまだけに対してではなくて、被害者の方に対して申し訳ないというお話」

高畑淳子「そのように思っております」

記者「高畑さんが昨日話した言葉としては、申し訳ないということだけですか、他に裕太容疑者が話したことはありましたか」

高畑淳子「仕事のご迷惑はどうなっていますか、ということを言っていました。」

記者「その2つですか」

高畑淳子「・・・・・・いってはいけないんでしょうけど、まぁ死のうと思ったみたいなことは言っていましたね。あとはもう震えて泣くばかりで、理路整然と何がどうでと言える状態ではなく、仕事のことを、ご迷惑はどうなっているかのご報告をまず自分の中で整理して、どれだけのことが外で起こっているかということを聞くのが、自分が何か言うというというよりは、外のことを把握しなければならない、それと相手の方のご迷惑もそうですけど、何も居ないところ・・そのご迷惑をまず気にして聞いているという、それがほとんどだったと思います。」

記者「テレビ東京のさとうと申します。よろしくお願いします。話が多少かぶってしまうところがあるかと思うんですけども、22歳の息子さんということで、成人された男性という中での、親として会見を開いたりだとか、お仕事、高畑さんご自身のお仕事の対応について、親の立場として、どう考えられていますか」

高畑淳子「私の対応を、親の立場としてですか?」

記者「成人された男性の犯罪に対して……」

高畑淳子「親が出てくること」

記者「はいそうです」

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

60分超‼高畑淳子謝罪会見全文&さんま、坂上etcからのコメント

女優・高畑淳子の息子で俳優の高畑裕太さんが強姦致傷の容疑で逮捕された事件についての芸能人らのコメント、さんま、テリー伊藤、小倉、謝罪会見、

このまとめを見る