1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

宮崎あおいは7キロ増…役作りでめっちゃ太った芸能人たち

海外映画祭への参加も決まった映画「怒り」に出演している宮崎あおいさん。役作りのため、なんと7キロも太ったそうです…

更新日: 2016年08月28日

ピュンマさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
55 お気に入り 929974 view
お気に入り追加

▼宮崎あおいも出演し、海外映画祭への参加も決まった映画「怒り」

俳優の渡辺謙(56)が主演する映画「怒り」(李相日監督、9月17日公開)が、第41回トロント国際映画祭と第64回サン・セバスティアン国際映画祭に出品されることが24日、分かった。

トロントの上映会(10日)には渡辺と宮崎あおい(30)、李監督が参加。

宮崎も、「『すごい映画が出来ました』と自信を持って言える作品なので、その気持ちを伝えて、たくさんの人に見ていただけるように頑張りたいなと思います」と話す。

▼この映画で宮崎は、役作りのため7キロも太ったらしい

映画『怒り』の役づくりで、体重を1か月で約7キロ増量した女優の宮崎あおい。

スレンダーな魅力の彼女が、ほぼノーメイクで“ぽっちゃり系”の愛子になりきっており、過去にない大胆な役作りをしている。

「原作のイメージもありますが、愛子ちゃんは気持ちに油断がある娘なので。結局、プラス7キロくらいまではいきましたが、自分の目標には到達できませんでした」と悔しそうに笑う。

宮崎あおいちゃんが、今回の映画で、役作りのために体重を7キロ増やしたみたいで、クリームチーズをご飯にのせて塩昆布のせてたくさん食べたとか、寝る前にアイスクリームを食べたとか、休みの日にゴロゴロしていたとか書いていて…あまりに身に覚えがありすぎて遠い目をしたよね。

▼これまでも「役作り」で太った芸能人は多い

・映画「の・ようなもの のようなもの」での激太りが記憶に新しい松山ケンイチ

主演映画『の・ようなもの のようなもの』のイベントで松山が増量したことが話題になっていたが、本作の役作りのため周囲が危惧したほど過酷な増量計画を実行したという。

憑依型俳優の松ケンは、まずは見た目から似せようと太り始めたのだといいます

間食でハンバーガーやホットドッグなどを食べまくり、イベントでもその激太りが話題になった。

・「とと姉ちゃん」に出演する谷澤恵里香は役作りのため太るも、妊娠と勘違いされたみたい

2016年6月5日、テレビ制作会社に勤務するディレクターの男性と結婚。翌6日には、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』への出演が決まったことを明かした。

少しふっくらしていたため、「妊娠では?」と報道陣に聞かれたが「まだまだ先。(ぽっちゃりしたのは)役作りと幸せ太りです」と否定していた。

・「俺物語!!」の剛田猛男を演じた鈴木亮平は、なんと30キロも増量したらしい

映画『俺物語!!』で、30キロも体重を増やして主人公・剛田猛男を演じた鈴木亮平。

厳つい顔面と屈強な肉体を持つ男子高校生・剛田猛男役を演じるため、30キロ増量したことが話題を呼んだ

増量について「とにかくずっと食べてました。夜、寝てる間に消化しちゃうので、夜1回起きて、食べてまた寝る。まとめて寝れないのがストレスでした」と苦労話を明かした。

他キャスト陣からも、「もう食べて食べて、時間があったらジムに行って。猛男作りがすごかった」(坂口)、「私が残したお昼ご飯も食べて、さらに菓子パンも食べてた」(永野)と感嘆の声が上がっていた。

1 2





ピュンマさん