1. まとめトップ

【永久保存版】75%が落ちる!風俗での面接のチェックポイントまとめ

デリヘル・ソープ・ホテヘルなど、履歴書なしで面接に臨める業界といえば風俗業界ですが現在では実に75%が面接に落ちるといわれています。風俗で生計を立てると決意した方々に向けて本記事では風俗業界の面接時のポイントやお店選びのチェックポイントをまとめました。

更新日: 2016年08月28日

3 お気に入り 22302 view
お気に入り追加

1.身だしなみに気を配りましょう

これは風俗に限らず、全ての仕事に言えることですが、あなたのお店からの第一印象は面接のときの「身だしなみ」で決まる、と言っても過言ではありません。
なので、間違っても絶対にスエットやジャージ等で面接に行かないようにしましょう。
また、これは風俗の面接に限ったことなのですが、面接のときには、スカート、もしくは丈の短いズボン(ホットパンツなど)で行くようにしましよう!
風俗の仕事は、女性らしさが求められる仕事です。
面接のときには女性らしい格好で行くと、お店から好印象を抱かれます!
なので、ボーイッシュな格好などは避けたほうが無難でしょう。

2.メモ帳を必ず持って行くようにしましょう

面接では、まず最初にあなたのプロフィールなどを紙に書いて、お店のスタッフからの質問に答える形になるのですが、それが終わると、お店の簡単な説明があります。
そのときの説明は重要な内容になるので、必ずメモを取るようにしましょう。
説明される内容としては、女の子のバック(接客時間当たりのお給料)、オプション料、雑費(お給料から引かれるもの)、基本プレイ、待機形態、客層、お店特有の注意点など様々です。
これらの内容は、これからそのお店で働くときに、知っておくべき重要な内容になります!
必ずメモするようにしましょう!

3.身分証の確認があるかどうか

風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)という法律によって、風俗店での面接の際には、身分証の提示が義務付けられています。
したがって、身分証を確認しない風俗店は違法店。面接当日に身分証を提示できない女性に対して「じゃあまた今度持って来て」と言われた場合も、ブラックの可能性が高いので要注意しましょう。

身分証として認められているもの

1点の提出でOK

自動車運転免許証
※原付免許でも可
パスポート
※ICチップ搭載の新型免許証は不可
住民基本台帳カード(住基カード)
※本籍・生年月日が記載されているもの
2点以上の提出でOKの場合があるもの

健康保険証
住民票(住民基本台帳) ※本籍が記載されているもの
戸籍謄本
社員証
学生証

4.仕事内容の確認

オナクラで募集していたのに実際はヘルス系だったということはよくあります。
普通だったら、”聞いていた話と違うのでやめておきます!”
と言って帰ればいいこです。

ここで大切なのは、面接で違う業種の説明をされたら断っていいということです。
詐欺みたいなもんです、これは!
だから泣き寝入りなんかしちゃいけません

5.講習の有無・方法を確認しよう

風俗は、男性への性的なサービスをすることが仕事になります。
当然、そういう経験が少ない人も多いかもしれませんし、基本プレイのなかには、どういうことをすればいいのか分からないものも、あると思います(素股など)。
そこで、風俗店では講習と呼ばれるものが用意されています。
基本は、DVDを見て教えてもらう方法や、実際にお店のスタッフを相手に行う方法や、スタッフに口頭で教えてもらう方法、が基本になります。
また、お店によっては講習制度が用意されていないお店もあるので、事前に確認が必要です。
また、逆に講習が必ず必要なお店や、受けるかは女の子の希望次第のお店もあるので、必ず確認するようにしましょう!

6.お店の様子を確認

面接場所がお店だったらお店の様子がわかる絶好のチャンスです。
雰囲気や清潔感、忙しそうにしているか、
そして何より自分がやる気になれそうかどうかを考えてみてください。

7.一緒に働くスタッフを確認

面接官もお店のスタッフです。
女の子に対して丁寧な言葉遣いをしているかや
優しくて誠実かどうかもわかります。

女の子を大切にしてくれないお店では働かないほうがいいです

お店に採用されれば女の子たちは先輩・同僚になるので気になりますよね。
待機室が一緒になることもあるかも知れません。
やっていけそうな女の子たちかどうかも知りたいものです。

8.お店が忙しい時間帯を確認

出勤してもお客さんが来なければお給料はもらえません。
お店のある地域によってお客さんが来店する時間帯もバラバラです。
できれば忙しい時間帯に出勤して効率よく稼ぎたいものです。

終わりに

現在は、風俗店に入ることすら難しく、女性の75%が面接に落ちるという。

「風俗だから簡単に受かる」「風俗の面接すら受からなかった」というのは早計です。風俗で食べていくと決めたら自分に合った風俗店と巡り合えるまで上記の点に力点を置きながら受けていきましょう!

1