1. まとめトップ

髪の命は毛根次第!? 知って役立つ毛根の雑学とは

抜け毛や薄毛、髪の細さなどに気をとられるかもしれませんが、重要なのは毛根です!そこで、知っておきたい毛根の知識をまとめました。髪のことで悩んでいる方は毛根に注目してください。

更新日: 2016年08月29日

2 お気に入り 1128 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

comkotdexさん

髪質は毛根が影響!?

髪質は毛根の状態から既に決まっているとのこと。

なので、パーマをかけたり、シャンプーなどで髪質を改善しようと試みても、髪質そのものを変えることは不可能になります。

髪の形状は生えてから決まるのではありません。実は毛根ですでに決まっています。直毛の人は毛根そのものがまっすぐです。くせ毛の人は毛根部そのものが曲がっているため、毛根で髪が作られるとき、すでに湾曲していたり、ねじれています。

髪の形状

薄毛の改善は毛根の状態がカギ!?

ハゲていると毛根が死んでいると思いがちですが、そんなことはありません!
毛根の状態によっては髪の毛が生えてくる可能性もあるのです。

薄毛や、ハゲてしまった個所の毛根が死んでいるのかと言ったらそれは違います。 一般的に皆さんが思う"毛根が死んでいる"状態は死んでない事がほとんどなんですよ!

毛根とは頭皮の皮膚内部にある毛の部分の事を言います。ですから、正確には『毛根周辺の重要細胞が死ぬと毛が生えなくなる』と言った方がいいでしょう。

厳密に言うと『毛根が死ぬ』というのは正しくありません!

薄毛が進行していると言っても、うぶ毛は残っています。毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があります。

毛根と抜け毛の関係

抜け毛の毛根は先が細いもの、小さいもの、皮脂が付いて白くなっているものなど、様々。
髪の状態を知る上で、この状態が大切なのです。

毛根が細いか、毛根がない状態の抜け毛が多いと、毛周期(ヘアサイクル)が異常の可能性が高いです。毛根がない抜け毛は、原因は薄毛(AGA)または加齢による髪の毛の衰えです。

抜け毛の毛根が細い(ない)

髪の毛の根本に白い付着物があるのは、頭皮の皮脂と一緒に抜けたもので、頭皮の皮脂詰まり・頭皮トラブルの可能性があります。

毛根に白い皮脂が付いている

毛根の形がギザギザでフケが出ているようなら、粃糠性脱毛症(ひこうせい・だつもうしょう)の可能性があります。

毛根の形がギザギザ

頭皮や髪のトラブル防止するためにも毛根をケア!

健康的な毛根を育むためにも、日頃のケアが大切です。毎日、しっかりシャンプーし、シャンプーをする際はゴシゴシ擦るのではなく、優しくマッサージするようにしましょう!

シャンプーは髪の毛を洗うのではなく、頭皮を洗うものです。指の腹を使い頭皮マッサージしながら洗ってください。

爪を立ててはいけません

シャンプーで洗い終わったら、しっかりすすぎます。シャンプーが頭皮に残ってしまうと頭皮を刺激し、トラブルの原因になります。シャンプーのぬめりが取れたからOKではなく、3分から5分はすすぐようにしてください。

シャンプー後はしっかり髪の毛を乾かすようにしてください。髪の毛を濡れたままにしておくと、雑菌が繁殖し頭皮が不衛生な状態になってしまいます。タオルで十分に水分を拭き取り、ドライヤーを使いましょう。

1