1. まとめトップ

国税庁の富裕層への監視強化!財産債務調書の提出義務とは

財産債務調書の提出義務についてまとめ

更新日: 2016年09月19日

0 お気に入り 1003 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yes-arkさん

財産債務調書ってなに?

確定申告をするとき、一定以上の収入がある方には確定申告書以外に提出しなければならない書類があります。それは「財産及び債務の明細書」と言われる書類です。

平成27年度税制改正により、これまで確定申告の付属物として取扱われてきた「財産債務の明細書」について、対象者を絞った上で、これを法定資料(調書)として位置づけ、「財産債務調書」という名称に変えた、改正がなされました。

対象者は?

「所得が2,000万円を超えていて、かつ、資産の合計が3億円か有価証券が1億円以上ある人」については財産債務調書を提出しなければならない

いつから?

2016年3月提出の確定申告から財産債務調書の提出義務化が始まりました

財産債務調書(2016年)
既に運用開始されている制度ですが、この制度によって、12月31日の段階で年間所得2000万円を超え、かつ資産3億円以上(もしくは金融資産1億円以上)を所有する人は、翌年3月15日までに財産債務調書を提出しなければならなくなりました。

罰則は?

財産債務調書が未提出または提出した財産債務調書に記載がない財産や債務について所得税の申告漏れが生じた場合に発生する。過少申告加算税や無申告加算税、重加算税といった加算税等に、更に5%が上乗せされる。逆に、財産債務調書に記載がある財産や債務について所得税や相続税の申告漏れが生じた場合は、加算税等が5%軽減される。

1