1. まとめトップ

【今年こそ手帳活用】「週間レフト」で予定とメモを管理しよう!

毎年、迷う手帳選び。「マンスリーではTO DOが管理しにくい」「バーチカルを使いこなせない」といういう人には、週間レフトタイプの手帳がオススメです。

更新日: 2020年02月15日

64 お気に入り 218838 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hello888さん

「週間レフト」ってどんな手帳?

1週間のスケジュール欄が左ページに上から下へ並ぶベーシックなタイプ。右ページはメモやToDoリストを書くスペースになっているのが一般的。

手帳の巻末のほうにメモ帳が載っていたりするが、レフトタイプは週間予定のすぐ隣にフリースペースがあることで、一週間の予定とともにメモを管理することができる。タスク管理のしやすい手帳といえるだろう。

「週間レフト」は、どんな人に向いているの?

・アポが入るのは多くても1日3件ほど
・ひとつひとつのToDoやアポに対してメモは少しで良いが
 同じ見開きで管理したい
・スケジュール調整は他者から・自分から共に少なめ
・1週間を通したToDoを管理したい
・メモは多く取りたいが別の場所だとわからなくなるタイプ
・副業、趣味が多い、企画、販売促進など

このレイアウトは1週間の予定を把握し、なおかつ自由に書けるメモスペースをたっぷりとりたい方におすすめ。右側にはタスクを書き出すもよし、日々の記録や日記を書くもよし。自由度が高いレイアウトなので、工夫次第で様々な用途に使えます。

1日の日程がかなり細切れで分刻みという人にはあまり向きません。ホリゾンタイプのスケジュール部分って細かく書き込むのが難しいです。
スケジュールがそれほど細かくなく、スケジュールとメモを均等に使う人向けです。

「週間レフト」を活用するには?

左上に1週間の目標を記入してリズムを作る

左のスケジュールは、午前・午後・夜でざっくり分ける

左ページを分割して日記風に使用

出典jmam.jp

日付の下のスペースも活用して、体重を記入する

右ページは自由に切り抜きを貼ったり!

イラスト入りの日記として

右はスケジュール、左ページを区切ってTo Doとメモ欄として活用

出典jmam.jp

タスク管理は付箋で。完了したタスクをはがして捨てれば達成感を味わえます。

おすすめの「週間レフト」手帳はどれ?

ほぼ日ウィークリー

スリムで携帯しやすい、「長財布とほぼ同じサイズ」の手帳。ほぼ日手帳の中で唯一のウィークリー型です。

モレスキン ウィークリーダイアリー

ハードカバーはポケットサイズとラージサイズ、ソフトカバーはポケットサイズ/ラージサイズ/XLサイズがあり。

トラベラーズノート リフィル 2017 週間 + メモ(レギュラーサイズ)

左ページに1週間、右ページにはセクション罫のメモがレイアウト

1