1. まとめトップ

XPERIA XZ/Z6 X Compact最新情報【2016秋冬モデル】防水防塵!

2016年秋冬端末の新しいXPERIA 一眼レフ並みのカメラで防水防塵のXPERIAも目が離せません XperiaZ6/XZ/X Compactの発売日情報と、エクスペリアXZ/X Compactは指紋認証がついてて、今まで以上に便利です。スタイルもかなり良くみんなにおすすめですね。

更新日: 2017年07月25日

7 お気に入り 161213 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tutaemanさん

■ Xperia XZ / X Compactが発表されました!

今回発表された「Xperia XZ」がハイエンドモデルの「XZライン」

カラーバリエーションは全4色
森の中の湖面の青を再現したという
・「フォレストブルー」
・「ミネラルブラック」
・「プラチナ」
・「ピンク」

かなりいい色ですね

日本版はピンクが追加されています

■XPERIA XZの詳細なスペックは以下になります。

OSAndroid 6.0.1 Marshmallow
ディスプレイ5.2インチ フルHD(1920×1080)Triluminosディスプレイ
SoCQualcomm 64-bit オクタコア Snapdragon 820
RAM3GB
ストレージ32 / 64GB
メインカメラ約2,300万画素(デュアルLED / 5軸EIS / レーザーAF)
フロントカメラ約1300万画素
バッテリー2,900mAh

その他USB Type-Cポート(※USB 2.0準拠)
microSDカードスロット(最大256GB)
防塵防水機能(IP68相当)
指紋認証機能

表面のキメが細かく、輝度が高いのが特徴

Xperia X Performance のときのようなヘアライン加工はなくなったけど、金属ならではの高級感はそこなわれていなく逆にもっとかっこよくなった感じですね。

出典i2.wp.com

XPERIA XZでは「ループデザイン」という考え方により、正面と背面がだ円でつながっているような印象

ディスプレー面の2.5Dガラスおよび、背面のラウンド形状による未来的なデザインが特徴

これはホールド感がよさそうで期待できます。

■ XPERIA Z Compactの日本版は特別!!

出典i1.wp.com

グローバル版は防水・防塵には非対応でしたが、NTTドコモ版ではこれに対応。さらに日本向け機能としてワンセグ・FeliCaにも対応します。それにしてもこの色はきれいですよね

なんと、グローバル版発表時には無しとされていたIPX5/IPX8相当の防水性能と防塵性能を搭載。これは非常に嬉しいポイント。このおおきさで防水はかなりおすすめだと思います

■ Xperia XZ / X Compactは USB Type-C採用

これであの煩わしい差し替えのように何回もUSBを指す必要がなくなります。ストレスフリーです

■ Xperia XZ / X Compactは もちろん指紋認証付き

指紋認証ついてます。非常に便利な機能ですからマストですよね

■ Xperia XZ / X Compactのカメラの進歩が一眼レフ並みで他を引き離す!

従来機では角度ブレ・ローリングに対応した3軸手ブレ補正でした。これがXperia XZでは新たにX-Y軸のシフト手ぶれ補正を追加。その効果は下のビデオで確認ください!

このビデオの24秒以降をご覧ください。この5軸手振れ防止の機能はすごいです。手振れほぼありません。そして画像もきれい。これはすごいよ。

暗い場所ではピントを合わせにくかった。Xperia XZでは赤外線レーザーを使い、被写体を直接測距するため、暗い場所でもフォーカスを合わせやすい。これ最強じゃないですか!

新たに「RGBC-IRセンサー」を搭載し、周辺光を識別するパラメーターとして、
従来の可視光に加え、新たに赤外線を利用。
これにより、ホワイトバランスの誤認識が解消される。室内でうま飯写真をとれるようになってるでしょう

X compactはこの機能はないとのことですが、フラッグシップのXperia Xzには4K撮影機能が復活しています。そして今度こそ長時間撮影できるようですよ!!!朗報です

■ まだまだあるぞXperia XZ / X Compactのカメラの優れた点!

本体のデザインと相まってすっきりしててかっこいいです

Xperia XZ / X Compactのカメラはこれでやっと本当のManualのカメラモードと名乗れるようになった気がします

シャッタースピードは 1 秒 ~ 1 / 4,000 秒の範囲でシャッターが切れリまでの時間を調節することができます。
マニュアルフォーカスはピントを合わせる場所を手動で調節できます。これを活用すれば、通常の撮影モードで意図的に背景をぼかすことも可能になります。

どんどん一眼レフでできることが、スマホのカメラでできるようになります。この進歩のスピードはすごいです。

1 2 3