1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

miim21さん

Torとは

Tor(トーア)はIPアドレスを相手に知られることなくインターネットに接続したり、メールを送信したりできる匿名の通信システムです。世界的に有名なBlack Hatセキュリティカンファレンスでは、Torの暗号化を無効にしてしまう内容の講演が、講演者の在籍する大学の弁護士による要望によってキャンセルされたこともあり、セキュリティ業界に波紋を広げました。インターネットに詳しい人ならよく知っているTorですが、名前を聞いたことはあるけども実際はよく知らない人や、存在自体を知らない人がたくさんいるとのことで、デジタル社会の自由な権利について活動している電子フロンティア財団が、「Torについて知っておくべき7つのこと」を公開しています。

2013年にエドワード・スノーデン氏が政府機関がネット関連企業のサーバから個人情報にアクセスできるシステム「PRISM」を暴露。イギリスの情報紙ガーディアンが公開したPRISMに関する極秘書類には「Torユーザーの匿名性を打ち破ることはできなかった」と書かれていました。しかしながら、PRISMを運用していたNSAは特別な状況下においてTorユーザーを特定することに成功。その状況とはTorブラウザのTor Browser Bundleに脆弱性が発見されたとき、もしくはユーザーがブラウザの構成を間違えたときとのこと。こういったことから電子フロンティア財団は「Torは暗号化に関しては安全と言える。ただし、ブラウザのバグや構成ミスが発生した場合は気をつけなければいけない」としています。

「Torの使い方は難しそう」という印象を抱かれることが多いそうですが、実際の使用方法はとてもシンプル。最も簡単なTorの使用方法は「Tor Browser Bundle」というブラウザをダウンロードすること。Tor Browser Bundleの使い方は一般的なブラウザとほとんど変わりません。もう1つの簡単な方法はLinuxベースのLive OS「Tails」 を使うこと。TailsはPCの終了時に、ユーザーによる起動中の動作を全て消去してくれます。

Torはユーザーの使い方次第で完璧なモノではなくなってしまいます。そのため、常にTor Browser BundleやTailsを使用し、ソフトウェアを最新バージョンに更新しておくのは非常に重要。また、GoogleやFacebookにTorを介してログインした場合においても、GoogleやFacebookはユーザーの情報にアクセスすることが可能です。

他人には言えない趣味の掲示板へ書き込む際にTorを使っても良いでしょう。匿名規制は、スーパーに入ると監視カメラで顔認識され、いつ何を見て何を購入しいくら支払い何時に店を出たか、とまでは言わないけれど近いものが有ると思う。
外出すると交通事故に遭う危険性が高まり、救急車出す金も馬鹿にならないから外出るな、のような。これも言い過ぎか。
Torを刃物とすると、使い方により便利で安心できる道具。犯罪に利用出来るから、自分らが面倒だからと匿名化を悪者にする考え方は日本で通用してほしくない。
当サイトのように匿名だからこそ書ける情報も有るわけで、匿名だからこそ上下左右無関係にコメント欄で好きに書けるわけで、実名顔有り個人情報丸出しはfacebookのような狭い範囲でやれ、と。

1