1. まとめトップ
  2. 雑学

【原因不明】"読書"をしたら起きた不可解な現象。。

読書のある驚きの事実が科学的に証明されたんだけど、なんでそうなるのかわかんないんだって…

更新日: 2016年08月31日

iisanchosiiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
392 お気に入り 231943 view
お気に入り追加

米・イェール大学からのトリビア

1週間に3時間半以上読書をする人、3時間半未満読書をする人、全然読書をしない人の3つのグループに人々を分類

本を読む人たちは、読まない人に比べ、平均2年長生きした

本を読む、というのは1日に平均30分

研究期間の終了時には、まったく読書をしなかった人々の33%が死亡した一方で、読書をする人々の死亡率は27%

新聞や雑誌を読む人も、読まない人に比べて死亡率は低かったが、本ほど大きな違いは観察されなかった

一体なんの違いなんだ…

冗談と思ってしまうけど、これが本当の話で

アメリカでは、読書を好むのは大学教育を受けた比較的所得の高い女性、という傾向がある

職業や年齢、人種、健康、既婚か否かという諸条件を調整しても、読書と長寿の間には関連性がみられた

研究は「なぜ読書が長生きと関係しているのか」という原因そのものは説明していない

とにかくこういう結果が出てしまった、不可解な事実

読書好きな人は家にいるから外の危険にさらされず、生存率が高くなったのかもしれない

こんな推測をすることしかできない

「今回の研究からわかることは、本を読めば寿命が長くなり、そうすればさらに多くの本を読むことができ、二重の喜びになる」

なんともセンスのあるコメントをしている

読書については、他にもいろいろな研究が

生活の満足度が20%以上高く、クリエイティブであると感じることが11%高い

憂鬱になる可能性は28%低く、18%以上高い自尊心を持つ

孤独感を感じないという人も多いんだとか

加齢により記憶力や脳の総合的な機能が低下しますが、読書はその衰えのプロセスを緩やかにして、頭を明晰に保つのに役立ちます

1 2





iisanchosiiさん

このまとめに参加する