1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

indoorindiaさん

インド映画を見たい!でも予告編に日本語字幕がない…というものをざっくりと日本語訳してみました

今年も開催されます、インド映画ファン歓喜のインディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパン!最新のインド映画が多数、もちろん日本語字幕付きで観られるめったにない機会。
自分メモと友人に薦めるときの参考用に気になった映画予告編をざっくりと和訳してみました。
2016年10月7日(金)~10月21日(金) 東京・ヒューマントラストシネマ渋谷
2016年10月8日(土)~10月21日(金) 大阪・シネ・リーブル梅田

※一インド映画ファン(翻訳素人)が勝手にやっています。
※実際の字幕とは翻訳が異なります
※本編を観ていない映画が多いので解釈等に間違いがある可能性大
※予告編の英語字幕から訳しています(原語からではありません)
※「恐怖症」・短編「ムフティヤー」をのぞき、全ての上映予定作品の予告を和訳完了しました。

それでもよろしければ参考にどうぞー

追記:シャールク・カーン主演「FAN」は日本の公式ファンクラブ様が日本語字幕付き動画をアップして下さっています!(IFFJ公式サイトからもリンクされています)

アリーガルの夜明け【ALIGARH】

【】内は文字 ""内はせりふ

【第377条 『自然に反する』性行為を違法とする】
"これは私に対する陰謀だ" "あなたがゲイだからですか?"
【第377条 『自然に反する』性行為を違法とする これは同性愛を含んでいる】
"だれが私の思いを三文字(Gay)で説明することが出来ようか"
"それは詩のような…感情だ  深く内に秘めた何か"
"制御できない衝動だ" 【映画賞受賞】

"私は酔っているだろうか" "いいえ まだ"
"ではもう一杯"
【提供 Eros International】

"ここでは私は部外者として扱われている" "アウトサイダーさ"
"ウルドゥー語の街でマラーティ語を教える"
"既婚者の群れの中の独身者"
【SHAHID/CITYLIGHTSの監督】

"スクープがある"
"TV記者たちがアリーガルの教授の家へ不法に押し入り… リクシャー引きとの性交を撮影した"
【BADLAPUR/NH10のプロデューサー】

"シラス教授について取材しているんですが…" "メディアとは話したくない"
【犯されなかった犯罪の物語】

"同性愛を実践し、しかも大学の構内でなど完全なる禁忌だ"
"いますぐ宿舎を出て行ってもらおう 独身者はいらない"
"独身者はテロリストか?" "すぐに出て行け"

"彼はあなたの恋人だったのですか?"
"何故人は「恋人」ばかりに取り付かれるのか まず「愛」というものを理解しようとすべきだ"
"美しい言葉だ"

"シラス教授は彼の事情を遊戯場にまで持ち出したのか?"
"隣人の寝室をのぞくのはどういう仕事だ"
【主演 マノージュ・バージパーイ】【ラージクマール・ラーオ】

"あなたは闘うべきです シラスさん" "何をしなければならない?"
【カムアウトして問う】【カムアウトして語る】
【カムアウトして生きる】【カムアウトして愛する】【#COMEOUT】
"だれだ?"

プレーム兄貴、お城へ行く 【PREM RATAN DHAN PAYO】

♪♪内は歌詞(※プレームは主演サルマン・カーンの若い頃のヒット作の役名・ディワリ=秋の光のお祭り)

♪喜びも悲しみも偽り 金貨も偽り♪
♪この世のすべてはまやかし 真実はこれだけ♪
♪心の奥で見つけた 愛という宝石♪

"戻ってきたぞ"
"戻ってきたぞ"
【今年のディワリに】
【プレームが帰ってくる】

【願わくばすべての家族が】
【愛に満たされますように】
♪愛という宝石を見つけた 愛という宝石を見つけた 今日心が満たされた♪
♪愛という宝石を見つけた 愛という宝石を見つけた 私は愛という宝石を見つけた♪

"どの家族も皆問題がある"
"でも家族がいるというだけで 祝福された存在なんだ"
"時々 あなたが別の人のように感じるの"
♪見つけた 見つけた 手に入れた 覆われた 来た 歌った 見つけたの♪
【制作 RAJSHRI PRODUCTIONS】
【監督 スーラジ・R・バルジャーティヤ】

♪愛されし人よ あなたは奇跡  あなたにつながる人も奇跡♪

エアリフト 〜緊急空輸〜  【AIRLIFT】

”はい外務省です”
【1990年8月2日】
”私はクウェートのランジート・カティヤル”
”こちらに住んでいるインド人の件で話があります”
”助けが必要です” ”今すぐに”
【イラクによるクウェート侵攻】
【グルシャン・クマール ハリオーム・バティア 提供】

”クウェートからインド人を救うのは 我々の優先事項ではない”
”なんてことだ! 16歳のイラク兵が私の運転手を目の前で殺した”
”そしてダスマン宮殿へ連行された”
”あのイラク軍少佐は友情を示していたのか脅迫していたのかわからない”
”家族をここから連れ出す機会をやろう”
”もし慈善活動をすればはまって動けなくなりますよ ランジートさん”
”動けなくなどならない”

【一人の男が】
”すぐここを去るのよ 脱出しなきゃ”
”俺もここを出たい でも彼らの算段をつけてからだ”
【自らの家族も】
”なんてことだ!”
【生命をも危険にさらし】
”ランジート!” ”やめてお願い!”
【正義を貫こうとする】

”ここでは私たちは何の価値もない”
”アイデンティティを持っているとしたらそれはただ一つ 我々はクウェート人ではなくインド人だということ”
”共にいるからこそ意味がある そうでなければ我々は何者でもない”
【真実の物語】

”インド空軍の長に空輸するよう頼んでいる”
”しかし閣下、17万人のインド人の空輸など可能でしょうか”
”不可能だ わかっている”
”出来ることは何でも急いでやれ 我々は脱出する”
【今年の独立記念日】
【誇りを感じよう】
【インド人であることに】
【もう一度】
”他の人たちに起こることは私たちに起こることと同じ”

”なぜ我々がデリーを呪わなきゃいけないんだ?”
”デリーではなすべきことのないインド人も多い 彼らは自分はクウェート人なのではないかと考えはじめている”
”それは人のずるがしこさだ 困難の中でいつも人は母のことを思い出すものだ”
【監督 ラージャー・クリシュナ・メーノーン】
【制作 (多数)】
【2016年1月22日公開】

キ&カ ~彼女と彼~ 【KI & KA】

※ヒンディー語ではKiは女性形、Kaは男性形に使われます。

”恋人のキアは男性なの?”
”ちがう キアは女性だ” ”僕は男”
”でも混乱するのも理解できるよ”
”家事は女” ”稼ぐのは男”
”『インドの伝統』ではね”

【Ki (女性)】
”私はマーケティング・マネージャー”
”もうすぐ副社長になる”
”その後は?”
”CEOよ”

【Ka (男性)】
”母さんみたいになりたい”
”どういうこと?”
”あなたのお母さんは何をやってたの?”
”主婦さ”
”えっ?”

”僕はゲイじゃない” ”性転換したいわけでもない”
”女性が好きだし” ”ウィスキーも好きだ”
”でも仕事のストレスやキャリアや野心はいらない”

”君はロボットだ” ”会社のロボット”
”君のハードウェアの中に柔らかい気持ちなんてないんだ”
”私にだって柔らかい気持ちはあるわよ” ”チェックして”

”おかしな男が私と結婚したがってる”
”人生なにかやり遂げなきゃ” ”夫になって人生を捨てるの?”
”夫じゃないわ 彼は私の奥さんになりたいの”

”何バカなことを言っているんだ” ”女として生きる気か?”
”お前は男だ もし忘れてるなら中で下着を下ろしてチェックしろ”
”セックスはしたんでしょうね?” ”決断の前には重要よ”

【Ki & Ka (女性と男性)】
”聞いて…今夜は遅く帰ってきて 急がなくていい”
”どういう夫よ” ”この冷酷な世界で家族を養うために 女がたった一人で稼ぎに出ようっていうのに恥ずかしくないの?”
”全然”

”家庭の運転資金が必要だ”

”あなたの男らしいところを見て惚れ直したわ” 
”男らしい?”
【今年のエイプリルフール】
”性別は関係ない”

”だめ 今日はだめだ 頭が痛い”
”頭痛なんて忘れさせてやるわ”
”OK”

ニールジャー 【NEERJA】

”パンナム73便がハイジャックされました” ”アブ・ニダル機構の4人のテロリストが…”
”16時間経過し…” ”20人の乗客が殺害され…”
【1986年】
【インド・パキスタン・アメリカ合衆国は 勇敢さを讃え】
【インド人の若い女性を表彰した】
【彼女はまだ23歳だった】

”ニールジャー!見ろよ テレビで君のコマーシャルやってる”
”すごく老けてみえる!”
”モデルとして成功してるのに” ”どうして客室乗務員なんて仕事をやめないの?”
”仕事が好きなの”

”ジャイディープ” ”離れたくない” ”じゃあまたね”
【彼女は359人の命を救った】
【これは彼女の物語】

”おはようございます機長 私はニールジャー・バノート”
”本日 客室乗務員のチーフを務めます”
”皆様おはようございます パンナム73便へようこそ 
当便はカラチ発 フランクフルト経由 ニューヨーク行きです”
”良いフライトを ニールジャー” ”ありがとうございます”
【カラチ 1986年9月5日】
【Fox Star Studios 提供】

”ハリーシュ?” ”何か胸騒ぎがするの”
【Bling Unplugged & Fox Star Studios 制作】
”ニールジャーの飛行機がカラチ空港でハイジャックされた”
”ニールジャーは?”

”ドア 開けろ”
”ドアを閉めろ!”
”あの子の星が 英雄となるべき運命だったと告げているの”

”私は自分の仕事をさせていただくだけです”
”義務を果たしているだけです”
【ラーム・マドゥワーニー監督作品】

♪この瞬間は告げた 自分の中から出て 
さあ生きていこう さあ生きていこう さあ生きていこう♪
【2016年2月19日公開】

カプール家の家族写真 【KAPOOR & SONS (SINCE 1921)】

”あいつ黙らせられない!?”
”子どもが産まれそうな妊婦でも乗っけてんのか!?”
【ダルマ・プロダクションズ 作品】
”ここで止まれ 俺に考えがある” ”ネットで見たやり方だ”
”運転は初めてかい おばあちゃん?” ”ヘイばばあ これでもくらえ!”
”アルジュン!アルジュン!どうすんだ?” ”おっと…”
【カプールの孫たち】

”お前は狂気の教団に所属してる!”
”父さん”
”名案ね!あなたから自由にさせてよ!”
”よくも言ったな!そこらへんのものをたたきつぶしてやる!”
”父さん待って!” ”父さんやめてよ!”
【カプールの父母】

”自分が死んだらどういうふうに見えるのか知りたい…こうか”
”すっげーかわいいよじいちゃん” ”もし俺のばあちゃんが生きてたら二人をくっつけるとこだ”
”本当か” ”あんたの母さんならどうだ?”
【カプール氏】

”分割ローンを払わなきゃならないんだ!” ”私は三年間も働いて貯めたのよ!”
”どうしたんだ?今日は俺だけかやの外か?” 
”自分の問題に集中しろ!” ”いつも俺のことばっかり問題にするのはやめてくれ!”
”ああ お前はいつまでも子どもだよ!”
”ラーフルは黙っとけ!” ”お前が黙れ!”
【カプール一家】

”うちの家族はいつもああなわけじゃない…” ”訂正…外ではあんな態度は取らない”
”でもあなたには家族がいるじゃない”
”やあ” ”こんにちは” ”知り合い?” ”どうやって知り合ったんだ1?”
”君 面白いな” ”あなたはセクシーよ” 
”私はとっても面白いの”

”今回は何を隠しているんだ?” ”何のことだ?” ”まじかよ?”
【人生を生きる】
”この家に聖人はいない だれもかれも嘘をつく!”
”俺の失敗を探すより先に 自分のひどい結婚生活を救えよ!”
”黙りなさい!”

【兄弟愛と裏切りとともに】
”あんたたち二人は五年ぶりに家へ帰ってきて 動物みたいな振る舞い方しかできないわけ!?”
”いつも俺のせいかよ母さん! 全部関係ないただの出来事じゃないか!?”

【一家と怖れ】
”もう一度幸せになれないかしら?” ”やってみよう”
【愛と喪失】
”愛してる…帰ってきて…また会いたかったわ”

【制作 ヒルー・ヤシュ・ジョハール カラン・ジョハール アプールヴァ・メヘター】
【出演 リシ・カプール】【ラトナー・パータク】【ラジャト・カプール】
【ファワード・カーン】【シッダールト・マルホートラ】【アーリヤー・バット】

”死ぬ前に一枚 幸せな家族写真が撮りたい それが最期の望みだ”
”カプールと息子たち 1921年から と書き添えてな”
【シャクン・バトラ監督】
【2016年3月18日公開】

ボンベイ・ベルベット 【BOMBAY VELVET】

”次は見せてやるよ”
”あんたの目と目の間に穴開けてやる”
【FOX STAR STUDIOS 提供】【PHANTOM 制作】
【1960年代】

【ランビール・カプール=ジョニー・バルラージ】
”大物に俺はなりたい” ”でかい車に乗った大物に”
”そうすりゃ彼女もやってくるーかわいいあの娘を”
”俺の心の虜にして 彼女の香りを深く吸い込む”
”そして俺たちは 夕日に向かって車を走らせるんだ”

”ボンベイ・ベルベットのロージー・ナーローナーの登場です!”
【アヌシュカ—・シャルマー=ロージー】
”もし私を一人ぼっちにしたら あなたを殺すわよ”

【カラン・ジョハール=カンバーター(・カイザード)】
”お前を大物にしてやろう 私が”
”大ボスたちは俺たちの肩越しに狩りをしている”
”俺は彼らから自由になりたい 自分で商売をやりたいのさ”
”俺とロージーと二人のラブストーリー”
”私がやることすべては” ”自分自身のためだ”

”いい理由をくれよ” ”お前のロミオに秘密をばらさずにおく理由をな”
”この街は犬どもの手に渡るだろう ロージー もしお前が悪人どもを見つけられなければな”
”ジョニー…私をボンベイから連れ出して”
”何ばかなこと言ってるんだ?” ”ようやくでっかくなってきたところじゃないか”
”今こそ特大のを食らわせるときだ”

”馬が騎手に何をすべきか指示をするというのか”
”馬は今 乗る人間を選ぼうとしているんですよ 旦那”
【一人の男の夢が】【引き起こす】
【すべての人間の悪夢】
【ボンベイ・ベルベット】
”だれにもロージーは殺させない”
【監督 アヌラーグ・カシュヤプ】
”俺自身で殺す”
”俺一人で”
【5月15日劇場公開】

ガッバル再び 【GABBAR IS BACK】

”その男は合法でも違法でもない”
”政治家でもない” ”テロリストでもない”
”行為においては英雄 名目においては犯罪者”
”その名はガッバル”
【VIACOM18 MOTION PICTURES & サンジャイ・リーラー・バンサーリー 提供】

”50マイル離れていようと だれかが賄賂を取れば”
”人々はいう『受け取るな ガッバルが現れるぞ』と”

”10人の収賄者が昨夜姿を消しました”
”起きろ” ”なんでも渡します!” ”お前の夫を渡せ” ”は はい 連れて行って!” ”何だと?”
”ガッバルは中央捜査局レベルの捜査をした”

”ガッバル!ガッバル!ガッバル!”
”ガッバルとは何者だ?”
”もし賄賂を受け取れば ガッバルがお前を殺すだろう”
”もし受け取らなければ 私がお前を殺す”
”今からガッバルは自分のPWD(公共事業局)の力を振るうぞ”
”この剛力の棒(Power-Wala Panda)でな”
【5月1日公開】

”連れてきた子どもは” ”連れてきた子ども?”
”車の中にいた子” ”子どもが車の中にいたのか?” ”うるさいわね!”

”またか?”
【彼は明らかにする】
”ガッバルは普通の誘拐犯ではありません 閣下”
”彼はとんでもない悪党だ!”
”ガッバルは善い人です”

”彼が欲しい” ”今回は票ではなく君の支援が欲しい”
【大衆を目覚めさせるために】
”この中の誰がガッバルだ?”
”私はガッバルだ!”
”この中の誰がガッバルだ?”
”私はガッバルだ!”

【ガッバル】
”すべての人間の行為はあばかれる”
”見ていろ カルマ(業)を賄賂で買収することは出来ない”
”さあ…あんたはどうかな カーリア?”
【シャービナー・カーン 制作】
【VIACOM18 MOTION PICTURES & サンジャイ・リーラー・バンサーリー 提供】
【クリッシュ 監督】
【5月1日公開】

ハウスフル 3 【HOUSEFULL 3】

1 2