1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

アイデア凄い。「次の出張で使いたくなっちゃうスーツケース」たち

出張じゃなくても使いたい。

更新日: 2016年09月01日

hakyunaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
102 お気に入り 67798 view
お気に入り追加

▼ このスーツケース、「買い」かな・・。

◇ どこでも仕事ができるスーツケース

「BIBI・LAB(ビビ・ラボ)」は、本体に内蔵されたテーブルを広げれば、一瞬でマイデスクが完成する、デスク付きスーツケースを発売致しました。

屋上や公園など、心の落ち着くお気にい入りの場所で普段のデスクワークが可能。新鮮な環境でインスピレーションが刺激されることうけあい。

360度回転する小回りの効くタイヤが4つ配備。大きな荷物でも負担なく運ぶことが可能。また、ロック付きのタイヤが2個付属。坂道などでの荷物の転がりを防止。さらに、テーブル使用時の安定性も高めている。

◇ 「スリムすぎる」スーツケース

宿泊日数3~6泊に対応可能な容量50ℓクラスなのに、A4サイズの横幅程度の細さ。縦に高さを取ることで容量を確保しました。

テニスラケットやダイビング・シュノーケリング用のフィン、スケートボードなど長尺物が入る設計にしましたので、今までそのようなものの運搬に困っていた方に是非試していただきたいと思います。

旅行にも趣味にも使えて、人と差別化できるキャリーが欲しい方におすすめしたい、存在感のある商品です。

◇ 「運転できる」スーツケース

人が乗って走れるスーツケース型の電動バイク。フットレストやスロットル&ブレーキ付きのハンドルが装備されており、小さいながらも“電動バイク”感覚で走行可能だ。

人間の徒歩より3倍速く進むというモードバッグは、時速約13キロで走り、フル充電で約10キロの距離を走れるのだとか。

重い荷物を持って広い空港内を移動しなければならないビジネスマンや旅行好きにとってはまさに夢のスーツケースで、便利なだけでなく“楽しい”というところがポイント。

◇ 折りたためるスーツケース

ニートは航空機グレードのアルミニウムフレームを軽量で丈夫なポリカーボネートを覆い、構造的な保護と折りたたみを可能に。

この完全な組み合わせにより、もう香水のボトルがスーツケースの中で割れることはありません。

10秒もかからずに折りたため、折りたたむと元の体積の30%まで減らせるという。わずか約7.6センチメートルの薄さになるので、使わないときには、ベッド下や納戸に収納するのに便利だ

1 2 3





hakyunaさん

おもしろいネタから雑学まで、関心を持ったものをまとめています。