1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

6daimessさん

25年ぶりの優勝へ。広島カープの快進撃を支える鈴木誠也

背番号51、同じ鈴木姓、高校時代は投手ながら打撃を評価されてのプロ入りと共通項の多い「赤イチロー」が、日本球界の主役に躍り出た。

「広島が強い時はかつての金本や野村のようにトリプルスリーを達成するような選手が必ずチームにいた。 緒方監督は鈴木をトリプルスリー級の選手に育て、伝統の『強力赤ヘル軍団』を復活させるつもりなのでしょう」

ブレークしてきましたな。誠也さんは、赤イチローと呼ばれてもうれしくないでしょう。誠也自身が伝説を作るような気がしますな。 pic.twitter.com/0lIbG408TF

高卒4年目の本塁打数はあの衣笠祥雄を超える

三嶋の138キロ外角低めスライダーを捉えた22号ソロは球団の高卒4年目として、68年に21本塁打を放った鉄人・衣笠祥雄を超える一撃となった。

高卒4年目
松井秀喜(22) .314 38本 99打点 07盗塁 OPS1.023
山田哲人(22) .324 29本 89打点 15盗塁 OPS.941
鈴木誠也(22) .334 23本 84打点 15盗塁 OPS1.006

松井にも見劣りしなくなってきた

首位打者も十分狙えるのではないか

8月31日の3安打で打率はヤクルト・山田を抜き・331。巨人坂本の・344に次いでリーグ2位に浮上し、首位打者も視界に入ってきた。

好不調あんまり関係なしで打ってるのがすごい。たまに4凡あっても次の日はマルチみたいな感じ

今年は盗塁が無理そうだがいずれは

肩だけではない。守備力、走力、打力すべてで高い評価を受ける。チーム内外から「トリプルスリーを狙える能力がある」という声も聞かれ始めている。

緒方孝市監督は「いずれトリプルスリーを達成できる」とその才能に惚れている。他球団の関係者が絶賛する声もしばしば耳にする。

将来の4番候補!そのうちに侍ジャパンにも

新井さんが引退したら4番の可能性は出ますよ。侍ジャパンの小久保監督も鈴木誠也には目をつけており、侍ジャパン入りできるのではないでしょうか。

将来的には背番号1をつけるか?7が似合うとの意見も

広島カープ前田智徳が背負ってきた“背番号1”2016年現在は空き番となっており、誰が1をつけるのか注目ですが鈴木誠也の背番号1の可能性は十分にあります。

ソフトバンクの内川選手「自分より上」

1 2