1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

prprpotさん

こんな肌じゃなかったはず…

・肌がゴワゴワしたり、カサカサしたりする。
・キメが粗くなった。
・お化粧の乗りが悪くなった。
・ニキビや吹き出物が出てきた。
・くすみや小じわが増えた。
・かゆみを感じる。

夏の前にはなかった症状が出ていたら肌トラブルの証拠。早めの対策で秋のお肌対策をはじめましょう。

・強い紫外線による日焼けや乾燥
・エアコンによる冷えや乾燥
・暑さによる過剰な皮脂や汗の分泌

夏の肌トラブルの原因は乾燥と過剰な分泌そして「日焼け」

夏の間に浴びた紫外線ダメージの蓄積と気温・湿度の急激な低下により乾燥が深刻化。黒くくすみがちになります。さらに、血流が低下することで、顔色が悪くなり、活力のない疲れた印象を与えてしまうことも。夏を過ごしてからというもの、どうも肌の調子がおかしい。と感じる方は、肌が夏の疲れを引きずったままなのかもしれません。

夏ダメージ…回復しないと大変なことに!

秋の肌は抵抗力が落ちていて、
不安定でデリケートな状態となっています。

生活環境の変化も重なり、
秋に肌トラブルで悩まされる人は増えています。

また、肌の変調などを自覚されなくても、
そのままの状態でさらに過酷な肌環境が待っている冬に突入してしまうと、
そこで一挙に肌のトラブルや老化現象が表れるということも多々あります。

秋のスキンケアのポイントは?

化粧品でお肌を整えた後、頭部から首、肩、背中にかけて、念入りにハンドマッサージ

コリをほぐして血行改善の効果があります。

秋のスキンケアは何がおすすめ?

スキンケアの基本で一番大切なのが、『肌の水分状態を良くする』事です!
肌乾燥が深刻化すると、コラーゲンが壊れてしまいシワやクスミの原因となります。
このシワを放っておくと、手のつけられない深いシワになったり、肌のハリがなくなり、タルミが出来てしまいます。
また水分量が減ると、リンパの流れも悪くなり、肌のクスミやシミ・ソバカスなどの原因にもなります。

肌ケアは一にも二にも保湿ケアが重要となります!

* 夏の頃の冷えた生活に気を付ける
* 初秋はまだまだ日焼け対策を怠らない
* 気温の変化に柔軟に対応できるように身体を強くしておく
* 保湿やケアは怠らない
* 花粉対策も忘れずに

その化粧品大丈夫?

肌の変化を感じても、半数の女性が化粧品の切替をしないことが判明!化粧品の衣替えをして、夏のダメージ修復と秋支度の肌ケアを始めるなら今!
~夏の終わりと秋の始まりの『2つの季節』にさらされる肌状態に要注意~

夏の肌と秋の肌は違います。

同じ化粧品は肌トラブル悪化の原因に!

1