1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

主人公は孤独が多い!?スピルバーグ監督の得意な撮影法・設定

スピルバーグ監督の作品といえば監督が得意とする撮影方法や、好む物語の設定などがあるんです!「BFG」でも注目してみましょう

更新日: 2016年09月06日

canty0628さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
46 お気に入り 39532 view
お気に入り追加

▼スピルバーグの最新作「BFG: ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」が公開される

『JAWS/ジョーズ』『インディ・ジョーンズ』『ジュラシック・パーク』など映画界に大きな足跡を残してきた巨匠スティーブン・スピルバーグが、久々にファンタジー映画を監督。

巨匠スティーブン・スピルバーグとディズニーが初タッグを組んだことでも話題を集めている。

少女ソフィーとBFGとの奇妙な交流と、二人の絆が深まっていく様子がとても丁寧に描かれており、思わず涙があふれてしまうほど心が温まる。

BFG絶対好きなやつっぽいからとても見たいけど死ぬほど泣きそうな予感しかしないから、家でひっそりと見たい(涙腺くそ弱)

『チャーリーとチョコレート工場』や『マチルダ』の原作者として知られる児童文学作家ロアルド・ダールの『オ・ヤサシ巨人 BFG』を原作としている

オヤサシ巨人BFGは原作よんだから映画も見たいな

スピルバーグといえば得意の撮影方法・作風などがあり注目するとおもしろいかもしれません!

スピルバーグの手法①顔のドアップ

目を見開き、一点を見つめて、すぐに言葉が出てこないという驚きと緊張感に満ちている表情です。

スピルバーグフェイスというのは知ってる人も多いかと思いますが、彼の監督作品に頻出する「呆然とした表情で立ち尽くしている顔にゆっくりアップするアレ」のことです youtu.be/VS5W4RxGv4s

ぐぐっと登場人物の顔にカメラを寄せて感情を強調するのは映画の黎明期からの手法ですが、スピルバーグ作品ではほんとに沢山使われています。

スピルバーグって人の顔のアップのアングルが多いよな。

スピルバーグの手法②光の使い方がうまい!

暗闇から発する強力な光という『ジュラシック・パーク』『ロスト・ ワールド』『E.T.』などでお馴染みのスピルバーグ的サイン。

『A.I.』 古い映画だけれど5回目くらいに観た。 マイノリティリポートもだけれどこの時代のスピルバーグのSF映画が好き。 金属の質感、カメラワーク、光の使い方や「近未来はこんなにすげーんだぞ!」とワクワクさせてくれる感じがある。 pic.twitter.com/oBsZEDV6de

スピルバーグは逆光効果の使い方が天才的だと思うの。

1 2





canty0628さん

気になることを「上質」なまとめとして発信していきます!似たまとめがあったとしても、他より「分かりやすく」「オリジナル」がモットーです。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう