1. まとめトップ

博多に行く前に読んでおくべきガイドブックはどれだ?!10冊口コミ感想まとめ

九州・福岡県に旅行に行く前に確認したいガイドブック。あれこれガイドブックを読んだので特徴をまとめました。

更新日: 2018年06月16日

1 お気に入り 11495 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hirosemariさん

まずは基本の!まっぷる・るるぶ

福岡タウンの「食」と「遊び」を総力取材。
絶対食べたい「定番うまかもん」と、
今街なかでブームの「最旬うまかもん」
の2本立てで福岡グルメを余すことなく掲載しています。

うわっ、 もっちー(新垣のあだ名)載っとるやーん!
しかも、観光ガイドブック「るるぶ」!

【まっぷる 福岡 博多・天神】 博多ラーメン、もつ鍋から最新屋台情報まで福岡名物グルメを大特集!「明治日本の産業革命遺産」のうち福岡県内の2つの遺産に、ネクスト世界遺産として注目を集める「宗像・沖ノ島と関連遺産群」も特集!本日発売☆ pic.twitter.com/0Fgbg94Nmz

福岡の市中を中心に、大宰府、門司、柳川、小倉の紹介がされています。
ある場所で、何をするか?というアプローチの観光に合った本。

冒頭には、JR博多駅の駅直結のビル特集、
ラーメンと屋台特集とが、地図と一緒に特別付録扱いになっており、
博多駅行く人にはおすすめになっております。

このタイプのガイドブックの難点は、情報量が多く、街、エリアにスポットを置いたページが
メインなのですが、それプラス特集記事で紹介したお店と、
エリア別のページがリンクされていないこと。

あっちにきたりこっちにきたり、相当読み込んで初めて
街の全貌が現れる、という感じはします。

ポケットサイズの女子旅向き タビハナ ココミル ことりっぷ

旅行の食べ歩きガイドのやうな本。

コンパクトで小さい鞄にも入りやすいです。
食べ物が多目に載っているので食べ歩く旅行には最適かもしれません。
あんまり知らないお土産物も載ってたので良かったかなと。

女性の旅のおともに タビハナ 福岡: 福岡旅行のおともに、こちらの本も参考にさせて頂きました。 タビハナシリーズの素晴らしいところはまずもって、このサイズ感!旅で、ホテルについて荷物を預けてからはこのサイズより大き... mari.tokyo.jp/?p=1247

まずは、福岡タウンでショッピングや名物料理を満喫。
街遊びを楽しんだら、見どころが集まる太宰府、糸島、柳川へ
足をのばしてみましょう。

海の景色やレジャーを楽しむなら、中心部から少し離れた海の中道や能古島へ。
船でアクセスするプチ旅もすてきですよ。

今日、ことりっぷ携帯版に福岡エリアが新たに追加されました。月額315円でことりっぷ18エリア分の情報が携帯電話で持ち歩きできます。ぜひ一度m.cotrip.jpをチェックしてみてください。スマフォの方はco-trip.mopita.comへ。#cotrip

ことりっぷのツイッターは、素敵情報が多いので、フォローするだけでも、たのしい。

旅先で何を見ればいいの?何を食べたらいいの?
そんな疑問に答えてくれる、女性のための国内ガイドブック。

「旅のエトセトラ」というページがおもしろかったです。
福岡について知っておきたいあれこれと称して
福岡関連本、ドラマのロケ地、ご利益スポットに出身の有名人とか、
他のガイドでは見たことのない切り口で書いてあって非常に興味深く読めました。

まっぷる/るるぶはガイドマップの情報から自分で一個一個旅行を組み立てて行く感じ、
タビハナ/ココミル/ことりっぷはプランがあって、その中からAパターン、Bパターンという
ように、選んでいく感じだと思っていただければよいかと思います。

コンサートや観劇で行く場合向け

『たびまる』は、初めての旅でもスムーズに楽しめるように、
旅のプランニングから現地での遊び方まで
詳しく紹介したガイドブックです。

コンサート・ライブハウス情報&周辺情報

これ良いですね。おもしろい切り口だと思います。私もZeppだとか福岡市民会館、博多座に行くために福岡に行ったりしますので、この辺りはもっと充実させて頂くと嬉しいかなと思いました。

1 2