1. まとめトップ

世界の巨大地震【確定】

世界で起こった巨大地震をまとめます。

更新日: 2019年03月20日

2 お気に入り 2493 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

SuperEarthさん

2011年03月11日

東日本大震災

2011年(平成23年)3月11日14時46分18.1秒に発生した東北地方太平洋沖地震とそれに伴って発生した津波、およびその後の余震により引き起こされた大規模地震災害である。この震災によって福島第一原子力発電所事故が起こった。

2010年01月12日

ハイチ地震 (2010年)

死者が31万6千人程に及ぶなど単一の地震災害としては
スマトラ島沖地震に匹敵する近年空前の大規模なものとなった。

2010年02月27日

2008年05月12日

四川大地震

国際連合の国際防災戦略(ISDR)は死者は8万7476人としている

2004年12月26日

1990年06月21日

マンジール・ルードバル地震

1990年6月21日、イラン北部のルードバール及びマンジールの間にあるギラン州でマグニチュード7.4の地震が発生した。これにより推定4万人が死亡し、71万人が被災した。

1976年07月28日

唐山地震

死者数は推計では65.5万人となっている

張翎の小説『唐山大地震』(原題: 《余震》)を原作とし、1976年7月28日に起きた唐山地震で引き裂かれた家族の別れと再会を描くドラマ映画。中国では地震からおよそ34年後にあたる2010年7月22日に公開された。

1970年05月31日

アンカシュ地震

地震による死者・行方不明者は約70,000人

1964年03月28日

アラスカ地震

1964年3月28日にアラスカ州で発生した地震。聖金曜日に発生したことから
聖金曜日地震(The Good Friday Earthquake)とも呼ばれている。
震源はアラスカ州南西部のプリンス・ウィリアム湾。
太平洋プレートと北アメリカプレートの境(アリューシャン海溝付近)における海溝型地震である。
観測された表面波マグニチュードはMs8.4〜8.6とされていたが、その後
金森博雄の推定によりモーメントマグニチュード(Mw)で9.2であることが判明し
アメリカ合衆国地震観測史上最大規模となった。

1960年05月22日

1957年03月09日

1952年11月04日

1946年04月01日

1 2