1. まとめトップ
  2. カラダ

すぐに眠れる「のび太」力を上げるコツ

目指せ0.93秒…!

更新日: 2016年09月02日

2719 お気に入り 371496 view
お気に入り追加

のび太、うらやま。。

0.93秒で眠りにつくことが可能。もしもボックスで作った眠ることがもっとも価値のある世界では、世界記録レベルらしい

のび太に少しでも近づくために…

人は頭からの熱が体全体の5割から7割と言われています。頭を冷やすことによりメラトニンの分泌が促進され熟睡しやすくなります

頭寒足熱という言葉は知ってたけど、やっぱ本当なんですね… 本当によく眠れるよ… もちろん朝起きたら浮腫んでないし、もうやらない理由がない……… pic.twitter.com/0fq0jp90A4

最後にくるぶしの少し上の辺りにシャワーをあてて足首を温めて下さい

これで足元があったまる!

人の足の裏には体温調節機能があって、暑くなると足の裏から汗をかいて放熱し、深部体温も下がります

これも入浴してリラックスするだけで効果はあるみたいなんだけど…

冷やしたタオルや保冷剤などを枕にして、入眠時に頭を冷やすと寝つきやすくなるそう

耳から下の部分を冷やすと脳の働きが上がってかえって眠れなくなるため、頭の上部だけを冷やすのがポイント

眠る直前まで仕事をしている時などは、就寝30分前くらいに頭を冷やすといいそうです

医者もつかう「自律訓練法」もスゴイ

心療内科や精神科などでも使われる方法で、わずか数分で全身をリラックスさせることができ、心身の疲れがすっきりとれる

自律訓練法をしながら寝るとすごく熟睡できて、短時間の睡眠でもとても効果があるからお勧め

自己啓発に対しては概ね懐疑的なのだが、中学生のとき100円で買ってきた古本を見ながら我流で自律訓練法をやったのはその後の人生でずっと効いてる。体力ゲージの回復が早くなるというのは実にいい

自律訓練法で脱力してる時、舌の感覚が抜けると あ、入った…… 勝ったなこれは ってなる 説明しようのない感覚 あとは腕とか脚とかはどうでもいいけど腰とか顔とか意識とかの力抜けると気持ちいい

自律訓練法は,軽く目を閉じた状態で,決まった言葉を呪文のように唱えます.声は出さずに心の中で繰り返すようにします

1:「気持ちが落ち着いている」
2:「右腕が重たい→左腕が重たい→両脚が重たい」
3:「右腕が温かい→左腕が温かい→両脚が温かい」
4:「心臓が規則正しく打っている」
5:「楽に息をしている」
6:「お腹が温かい」
7:「額が心地よく涼しい」

この7つの言葉を、心の中で繰り返す。

慣れてくると、ちょっとした仕事の合間や電車のなかでもできるようになります

そして「4-7-8呼吸法」も良さそう

1 2





kimi-ha-karamuruさん

お役立ち系のまとめを週3ペースくらいで作れたらなーって感じです。よろしくです。