1. まとめトップ

天才!竹内まりや提供曲まとめ 80年代~現在

2016年には嵐に提供した「復活LOVE」がヒットした。これまで、薬師丸ひろ子、松田聖子、中山美穂、河合奈保子、ジャニーズなど主にアイドルに提供をしてヒットをさせてきました。彼女自身もせフルカヴァーしてヒットしています。そんな彼女の提供曲をみてみましょう!

更新日: 2016年09月02日

3 お気に入り 15018 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ryojeeさん

1978年11月25日にRCA/RVCよりシングル「戻っておいで・私の時間」、アルバム『BEGINNING』でデビュー。


1979年のシングル「SEPTEMBER」で第21回日本レコード大賞新人賞を獲得、1980年のシングルで資生堂化粧品CMソングとなった「不思議なピーチパイ」などがヒットする。当初は安井かずみ・加藤和彦夫妻や松本隆などが提供する曲を歌っていたが、これに飽き足らず自らも作詞・作曲を手がけるようになった。

1980年にアン・ルイスの結婚を祝して提供した曲。アルバム「リンダ」のA面9曲目に収録されている。シングルとしてもリリースした。
まりやのカヴァーはアルバム「PORTRAIT」に収録。

以前からシュガー・ベイブや山下のライブを見に行っていたまりや。アレンジャーなども手掛けていた山下達郎と82年に結婚。自身の歌手活動を休止し、提供活動に専念した。

82年発売、カップリングは「夏の記憶」。
アン・ルイスのプロデュースによるシングルの両面を書き下ろした。

河合奈保子

82年発売。シングル・ヒット「夏のヒロイン」「ラブレター」を含む7thアルバム「サマー・ヒロイン」のために提供された。

河合奈保子の10作目にして初のバラード曲。竹内まりやが提供したシングル曲としては初のベストテンヒットとなった。コーラスでも参加している。竹内まりやバージョンは、アルバム「リクエスト」に収録されている。

82年発売のシングル。
9thアルバム「あるばむ」は、A面の5曲すべてを竹内まりやが書き下ろしている

掘ちえみ

82年発売。「潮風の少女」でデビューした堀ちえみのサード・シングル

82年発売のセカンド・アルバム「夢日記」ではこの曲と「遥か1000マイルの彼方」(作詞のみ)を提供している。

増田けい子

82年発売。ピンク・レディーを解散した増田けい子。大ヒットとなった「すずめ」(中島みゆき詞曲)、「ためらい」(松任谷由実詞曲)に続くソロ第3弾シングル。

82年発売。ソロとしてのセカンド・アルバム「恋するお友達」に収録されている。
このアルバムには、「らせん階段」(竹内まりや詞曲=前述)も収録されている。

83年発売、桑名将大のアルバム「Wo Maniac」で「Sweet Rain」と「Heart Beat」を提供。「
Heart Beat」ではまりやがコーラスをしている。

薬師丸ひろ子

84年発売。薬師丸ひろ子のファースト・アルバムのために2曲が提供された。
まやや自身もアルバム「リクエスト」でセルフカヴァーしている。

84年発売ファースト・アルバム「古今集」に収録。
まりや自身は、シングル「明日の私」のカップリングでセルフカヴァーしている。

88年発売のシングル。前年はアルバム「星紀行」でも「アフタヌーン・ティー 」を提供している。
まりやのセルフカヴァーは、アルバム「デニム」に収録されている

竹内まりや提供曲 シングル売上TOP10

1.MajiでKoiする5秒前/広末涼子 59.0万枚
2.復活LOVE/嵐 53万枚*
3.友だちへ ~Say What You Will~/SMAP 36万枚*
4.元気を出して/薬師丸ひろ子 33.6万枚
5.Miracle Love/牧瀬里穂 31.9万枚
6.色・ホワイトブレンド/中山美穂 22.3万枚
7.けんかをやめて/河合奈保子 21.5万枚
8.Invitation/河合奈保子 18.0万
9.-Dreaming Girl- 恋、はじめまして/岡田有希子 12.9万枚
10.待ちぼうけ/掘ちえみ 9.8万枚

*詞のみの提供

84年4月、「もう一度」で歌手活動再開。
全曲を竹内自身が作詞・作曲したアルバム『VARIETY』が30万枚を超えるヒットになる。

その後歌手活動再開をしながら楽曲提供もしていく。

岡田有希子

84年発売のデビュー曲。まりや自身もコーラスで参加している。

まりやらしい楽曲。コーラスにも参加。
ファーストアルバム「シンデレラ」に収録。
この他にも「さよなら・夏休み」を提供している。
他には「-Dreaming Girl- 恋、はじめまして」「気まぐれTeenage Love」「哀しい予感」「恋人たちのカレンダー」「ロンサム・シーズン」なども提供している。

森下恵理

1985年6月21日に「ブルージン・ボーイ!」でデビューした森下恵理のファーストアルバム「ボーイ・フレンド」にも
2曲提供している。この「真冬のデイト」は「今夜はHearty Party」のカップリングでまりやもセルフカヴァーしている。

ファーストアルバム「ボーイ・フレンド」から86年にシングルカットされ発売。
まりや自身も「シングル・アゲイン」でセルフカヴァーしている。

中山美穂

85年発売の4枚目のシングル。まりやも「リクエスト」でセルフカヴァーしている。

1 2