お茶を飲むまえの歯みがきが、食後の歯みがきを習慣づけることを知っていますか?

人によってはムシ歯予防のために、3-3-3式歯みがき法というものを習ったことがあると思います。

砂糖水でうがいをすると、日のなかに常在する細菌によって、数分以内に歯のヨロイともいえるエナメル質を溶かす強さの酸がつくりだされます。


つまり、歯が溶けてムシ歯がつくりだされることになります。そこで、 一日三回毎食後、三分以内に三分間歯をみがくとよい! というのが、この歯みがき法のコンセプトです。

とはいっても、食後、歯みがきをしようと思ってはみても、なかなか実行できないというのが実情です。朝、出勤まえに歯をみがくのを習慣化している方は多くなってきていますが、夕食後となるとまずはダメ。

お茶を飲みながら新聞やテレビを見ているうちに時間がたち、お腹がふくれてなかなか動く気にはなれないものです。

そこで、歯医者では食事が終わったらすぐ、お茶を飲むまえに歯みがきをすることをすすめています。

食後三分ではなく、それよりも早く― すなわち「三十秒」以内に素早く席を立って歯をみがくのです。

「そんなことをしたら、お茶の味が歯みがきくさくなりませんか?」と反問されたりすることがあるのですが、それは「実行したことのない人」がもつ印象にすぎません。

やってみると、日のなかがサッパリして、ほんとうにおいしく食後のお茶が飲めることがわかります

このタイミングですと、わりとラクに席を立つことができます。

そして、歯みがきの時間も、三分といわず一分間で結構です。ぜひお茶を飲むまえに、実行してみてください。

気持ちよい習慣として、長続きできると思います。「お茶好きと自認して、食後に何杯もお茶を飲んでいたけれど、じつは口のなかを洗うために飲んでいたことに気づきました」という感想を持つ人も少なくありません。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

くさ~い口臭は歯磨きやお茶で予防できる

対人関係で悪い影響を及ぼす口臭ですが、きちんと普段から歯磨きをしっかりやっていれば防ぐことは可能です。また、日常的に口にする飲み物もジュースやコーヒーからお茶に変えることで相当の口臭予防効果を得ることができます。ここではそんな口臭を防ぐ方法について、歯磨きとお茶という観点から説明します

このまとめを見る