出典 rr.img.naver.jp

ボリス・キプリャノヴィッチ

ボリスカの愛称を持つボリス・キプリアノヴィッチ少年は、1996年1月11日朝8時半、
ロシアのヴォルゴグラードの北
320キロほどの街ジルノフスクに生れた。
ほとんど泣くこともなかったボリスカ君は、
生後4ヶ月にして簡単な単語を発し、
8ヶ月目には完全な文章を話した。
2歳になると、火星について話を始め、
他の太陽系の惑星や遠い文明に関しても語りだした。

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る