1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

blue_tigerさん

11月公開予定「聖の青春」の主題歌を担当

秦 基博(はた もとひろ、1980年10月11日 - )は、日本のミュージシャン。オフィスオーガスタ所属。宮崎県日南市生まれ、神奈川県横浜市青葉区育ち。身長178cm。血液型A型。3人兄弟の末っ子。既婚。通称「はた坊」。キャッチコピーは「鋼と硝子でできた声」。

引用元↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%A6%E5%9F%BA%E5%8D%9A

シンガー・ソングライター秦基博(35)が、松山ケンイチ(31)主演の映画「聖(さとし)の青春」(11月19日公開、森義隆監督)の主題歌を担当することが1日、分かった。書き下ろした新曲「終わりのない空」(10月発売予定)で、作品をさらに盛り上げる。

主題歌に起用されたのは、秦の新曲“終わりのない空”。病気を患いながらも名人になることを夢見て将棋に挑んだ主人公・村山聖の一生に感銘を受けたという秦が、同作のために書き下ろした楽曲だ。

「聖の青春」とは?

松山 ケンイチ(まつやま ケンイチ、1985年3月5日 - )は、日本の俳優、モデル。本名、松山 研一(まつやま けんいち)。愛称は、松ケン。

引用元↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B1%B1%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%81

同映画は、かつて「東の羽生善治、西の村山聖」と呼ばれた、松山演じる天才棋士・村山の、わずか29年の一生を描いている。

大崎善生の同名ノンフィクション小説をもとに「宇宙兄弟」の森義隆がメガホンを取った本作は、難病を患い名人への夢半ばで急逝した実在の棋士・村山聖の人生を描いたヒューマンドラマ。

羽生善治すら恐れた男、怪童・村山聖の人生を描く

村山 聖(むらやま さとし、1969年(昭和44年)6月15日 - 1998年(平成10年)8月8日)は、将棋棋士、九段(追贈)。森信雄七段門下。棋士番号は180。いわゆる「羽生世代」と呼ばれる棋士の一人。

特に終盤は無類の強さを発揮して、後にプロ棋士たちからも「終盤は村山に聞け」と言われるほどの終盤力を持っています。

秦基博が歌詞に込めた想い

秦が本作のために書き下ろした「終わりのない空」。全国ツアー中に歌詞の構想を練ったという秦は「サビには聖のその瞬間、瞬間にいのちを燃やし、全身全霊ぶつかっていくさま、そして、彼が手記に遺した『人間は悲しみ、苦しむために生まれた。それが人間の宿命であり、幸せだ。』という言葉から汲み取った想いを込めています」と述べている。

その主題歌がドラマチックに盛り上げる予告編には、医師からがんを宣告され病と闘いながらも、名人になることを目指し人生を全力で生き抜く聖の姿が収められた。

ネットでも秦さんの歌に期待する人が続出

聖の青春 映画化するんや! 主題歌秦さんって最高かよ(σ゚∀゚)σ pic.twitter.com/PelrxiImsD

映画【聖の青春】主題歌が秦君なんだ!主演は松ケンだし11月の公開が待ち遠しいやんっ!!

秦さんはこれまでにも話題作の主題歌を担当

『STAND BY ME ドラえもん』(スタンド バイ ミー ドラえもん)は、2014年8月8日公開の日本のアニメ映画。脚本は『三丁目の夕日』シリーズ、『永遠の0』などを手がけた山崎貴。監督は『friends もののけ島のナキ』を手がけた八木竜一と山崎貴の共同監督。

引用元↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/STAND_BY_ME_%E3%83%89%E3%83%A9%E3%81%88%E3%82%82%E3%82%93

今年最も愛された曲の1つだ。シンガー・ソングライター秦基博(34)が歌う「ひまわりの約束」。興収83億円の大ヒットを記録した映画「STAND BY ME ドラえもん」の主題歌で、カラオケランキングも長く上位をキープしている。曲に込めた思いなどを秦に聞いた。

アコースティックギターの音色にのせて、ナイーブな歌声が響く。ドラえもんとのび太の心温まる友情を思わせる歌詞も、「せつなくて感動する」などとネット上に書き込まれている。「ドラえもんとのび太のように、いいことも悪いことも、同じように感じられる距離感を持った間柄を書けたらと思いました」。

『あん』は、2013年2月にドリアン助川が出版した小説。第25回読書感想画中央コンクールで指定図書(中学校・高等学校の部)に選定される。2015年に河瀬直美の監督で映画化(後述)。

引用元↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%82%93_(%E5%B0%8F%E8%AA%AC)

人気シンガーソングライターの秦基博が、河瀬直美監督、樹木希林主演作「あん」の主題歌として、新曲「水彩の月」を提供することがわかった。河瀬監督のラブコールに応えた秦が、切なくも優しいミディアムバラードとして書き下ろした。

秦は、河瀬監督が映し出す「街の景色の切り取り方とか、光とか、その美しさ」にインスパイアされたそうで、「普段はアコースティックギターと共に歌うことが多いんですが、今回は“ピアノと歌”というものをメインにすえて、新しい秦基博を届けられるのかな、と思っています」とアピール。そして、「水彩で描いたような淡さだったり美しさ、その中で自分自身が込めた思い、そして映画が伝えようとしていることを、自分なりにすくい取って歌にしましたので、映画『あん』と共にこの楽曲も楽しみに待っていただけたら」と語っている。

『天空の蜂』(てんくうのはち)は、東野圭吾の書き下ろし長編クライシスサスペンス小説。1995年11月7日に講談社から単行本が刊行され、1997年11月6日には講談社ノベルス版が発刊された。第17回吉川英治文学新人賞候補作であった。

2015年、堤幸彦監督により映画化された。

引用元↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%A9%BA%E3%81%AE%E8%9C%82#.E6.98.A0.E7.94.BB

1 2