1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ツイッター FACEBOOK 拡散ありがとうございます!感謝!!

ツイッター FACEBOOK 拡散ありがとうございます!感謝!!

【魔法】六芒星と五芒星の意味を探求する

中心が六芒星でフリーメイソン

等辺六芒星が正三角形を2回に分けて描かれる性質上、六芒星の一筆書きは一見不可能のように見える。だが、実際には一方の正三角形の描画途中に、交点で他方の正三角形の描画に移り、他方の正三角形の描画が終わった時点で先の正三角形の残りの部分を描画すれば、図形上の何れの位置からスタートしても一筆書きが可能である。スタートを交点とすれば、より簡単に一筆書きが出来る。

交点で折り返さずに一筆書きができる六芒星も考案されている。右図のように正六角形の頂点を何個かおきに飛ばして結んで、丁度アルファベットの「N」(もしくは「Z」)を続けて書く六芒星である。この六芒星はセレマでしばしば用いられるシンボルの一つであり、発案者のアレイスター・クロウリーの名を冠して「クロウリーの六芒星」などと呼ばれる。だが、目視でも確認できるように内角が等分不可能なため、やはり星型正多角形ではないということになる。

六芒星(ろくぼうせい、りくぼうせい)
または六角星(ろっかくせい)、
星型六角形(ほしがたろっかくけい)、
六線星型、ヘキサグラム (Hexagram) とは、

星型多角形の一種で、
六本の線分が交差する図形である。

六角形の各辺を延長することでできる。
また、六芒星中にある六角形を抜いた形を六光星と呼ぶ

ユダヤ教がなにか教義の上から
この図形を神聖なものとして
見ているというような事実はないが、
17世紀以降、
伝統的にユダヤ人を表わす記号として定着している。

このため、ユダヤ人の国である
イスラエルの国旗にはダビデの星と
呼ばれる青色の六芒星が描かれている。

日本でも、同様の「籠目」という文様がある。
竹編みの籠の編み目を図案化したもので、
魔除けとしてこの図形を用いることがあった。

現在でも使用されている例として、
伊勢神宮周辺にある石灯籠に籠目が刻まれている。
家紋としては籠目紋といい、「籠目」、
「丸に籠目」などが使用されている。
江戸時代には、小宮氏、曲淵氏などが用いた。

●ところで、大自然界には

「六角形(Hexagon)」

 の形状がよく見られます。

雪の結晶は、非常に美しい六角形の花模様をしています。
ミツバチの巣の穴も六角形です。

その他に、カメの甲羅や、
蝶やトンボなど昆虫類の複眼、
細胞やウイルスの世界でも六角形を
見ることができます。
今を時めくフラーレンやナノチューブなども
六角形の世界です。

下段中央の“謎の物体”はトンボの「複眼」の拡大写真です。
六角形の「個眼」が隙間なくびっしりと並んでいます。

※ 昆虫の眼は多数の個眼が集まった複眼で、個眼の
それぞれがレンズと光を感じる視細胞を持ちます。通常、
昆虫の複眼は数百~数千個の個眼からなりますが、
トンボにおいては1万~2万個にも及びます。

●「六角形」は、
大自然界の秩序に適合した形(力学的構造)で、
最も安定した力(パワー)を発揮するともいわれています。

「六角形(六角柱)」を並べた構造はとても強く、
「ハニカム構造」と呼ばれて
新幹線や飛行機などの構造体にも使われています

※ 「ハニカム」とは英語で
「蜂の巣」という意味

●ちなみに、形而上学・神秘学の世界において「6」という数字は

「調和と安定」を表す数とされています。

六芒星と五芒星

どちらも、歴史の中でさまざまな
シンボルにつかわれてきました。

神聖と自然の神秘、
秩序や生成をかたどってきましたが、
20世紀のエリファス・レヴィあたりから、
魔術色が前面に印象付けられるようになりました。

変化やバランスをもたらすものの
神秘的な力を示しますが、
ピタゴラス、プラトンの神聖幾何学の系譜が続いて、
いっそうこれらの神秘解釈に拍車をかけました。

五芒星とは何か…

語り部によれば、
古琉球人たちは、その真ん中に光る星を見ていた。
天御中主、救世主としての妙見、
あるいは一等星である天王星を。

紀元前3千年のシュメール文明を源とする、
人間エネルギーを象徴する図形だったのとではという。
いっぽう六芒星は、宇宙エネルギーの象徴だったと。

1 2 3