1. まとめトップ

90億?636億?1000億!?SMAP解散による経済損失がすごかった

2016年8月に年内での解散を発表したSMAP。国民的アイドルグループだっただけに、解散は各方面で波紋を呼んでいますが、そうした中、解散による経済損失の試算も話題に。90億円やはたまた636億円ともされるなど、すごすぎるSMAP解散の経済損失をまとめました。

更新日: 2016年09月05日

monet333さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 11195 view
お気に入り追加

・2016年8月に年内での解散を発表したSMAP

まさかの解散発表となったSMAP

国民的人気グループSMAPが解散すると、ジャニーズ事務所が2016年8月14日未明、発表した

同事務所は「今後の活動につきまして、メンバーと協議を重ねた結果をご報告させて頂きます」と前置きしてから、「デビューより25年間アーティストとしてグループ活動をして参りましたSMAPは2016年12月31日を持ちまして解散させていただくことになりました」と報告

今年1月の解散騒動を受け、2月から事務所がメンバーと話し合う中で、「今の状況ではグループ活動を続けることは難しい」とメンバー数人から申し出があり、協議を重ねたが、グループ活動続行は困難との結論に達したという

メンバーの中居正広(43)、木村拓哉(43)、稲垣吾郎(42)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(39)の5人の所属事務所は変更なく、今後はそれぞれの「個人活動に精進する」としている

年内いっぱい限りでの解散を発表したSMAP。所属事務所によると、デビュー25周年のコンサートやイベントも、開催される予定はないという

・国民的アイドルグループの解散は各方面で波紋を呼ぶ

国民的アイドルの解散に波紋が広がる

グループ結成から28年、アーティストとしてデビューしてから25年。数々のヒット曲とともに国民的人気を誇ったSMAP

国民的アイドルグループの解散には、ファンや芸能界からだけではなく、あらゆる方向から、解散を惜しむ声が上がっている

国民的グループの解散に、ファンのみならず多くの人々が驚きと悲しみの声を寄せており、ミュージシャンや著名人の間でもSMAPの解散について悲痛な想いが多数寄せられている

今年一月の解散騒動では「解散はない」という発表をもって事態は収束に向かったが、ここにきての解散発表に全国で驚きと動揺の波紋を呼び、不自然さが目立つ公式の発表の裏には何があるのか、現在もさまざまなメディアが事態の行く末を追いかけている

・そうした中、解散による経済損失も話題に

そんな中、芸能界やテレビ業界、広告業界では「SMAP」の解散による莫大な経済損失が話題となっている

・ファンクラブからコンサートまで、いろいろに試算される経済損失

▼ファンクラブ

ファンクラブの解散で40億は損失が出るよう

ジャニーズ事務所は公表していないが、『SMAP』のファンクラブの会員は100万人近くいると言われている

入会している約98万人の入会金や年会費で、ファンクラブの年間収入が約40億円。「活動休止」状態でも年間でそれだけ入ってくるが、「解散」となるとその金額は失われる

ジャニーズの各グループのファンクラブの年会費は4000円なので、単純計算で40億円の年会費がパーになる。現時点では、メンバー5人は事務所に残ってソロ活動をすると言われており、今後は個々のファンクラブが設立されるでしょうが、『SMAP』のファンクラブの会員がそのまま横滑りするかというと、甚だ疑問

▼コンサート

2014年に行われたSMAPの5大ドームツアーは、5都市22公演で約100万人を動員。チケット代は9500円(一般価格)で、これだけでも約95億円の収入

「仮にグッズ売上の客単価を500円と計算したとしても50億円で、チケット代と合わせると150億円規模にはなっただろう」(大手イベント会社スタッフ)

1 2 3





monet333さん

気になったことをいろいろまとめてます。よろしくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう