1. まとめトップ

グラビアにも登場!あの「号泣お天気お姉さん」が元気に復活してた

NHK山形放送局の番組で泣いたことで「号泣お天気お姉さん」と話題になった気象予報士の岡田みはるさん。騒動後、岡田さんは番組を降板していましたが、そこから数ヶ月。「ひるおび!」のレポーターやグラビアなどで元気に復活をしているよう。本人が泣いた理由などもあかした岡田さんの近況をまとめました。

更新日: 2016年09月05日

2 お気に入り 19872 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

monet333さん

・NHK山形放送局の番組で号泣したことが注目された気象予報士の岡田みはるさん

番組中に突然泣き出し話題になった岡田さん

2015年12月1日、NHK山形放送局のローカル番組「ニュースやまがた6時」で天気予報コーナー放送中に突然号泣し、全国的な注目を集めた気象予報士の岡田みはるキャスター(39)

気象予報士の岡田アナは「現在の鶴岡市の様子を見てみましょう」といったが、画面には関係のない新庄市の様子が映し出された。一瞬、絶句した彼女は訂正してレポートを続けるも、次第に声が震え、右手で涙を拭って「グスッ、グスッ」と生放送中に泣き始めた

岡田さんは昨年12月1日、NHK山形放送局「ニュースやまがた6時」の生放送中、お天気カメラの映像が想定していたものと違う場所を映し出したことで混乱し、泣き出した

岡田さんは、長野県出身で、信州大学と早稲田大学を卒業し、早大在学中は劇団に所属したこともある。10年に気象予報士の資格を取得。今年4月から同番組に出演していた

・地方番組ながら「号泣お天気お姉さん」と話題になった岡田さん

偶然、その模様を録画していた人がネット上に動画をアップロードし、地方局の天気予報にも関わらず瞬く間に全国規模で話題に

前代未聞のハプニングは各局のワイドショーでも取り上げられ、岡田さんは一躍有名に

この“号泣”映像がネットで拡散、新聞やテレビが取り上げ、岡田さんは一夜にして「号泣お天気お姉さん」と呼ばれることになった

・騒動後、番組を休むも一旦は復帰

騒動後番組を休むも一旦は復帰

お天気コーナーを担当している最中に突如号泣し、直後から休養、6日後に復帰

・が、その後の2016年3月に番組を降板している

が、その後2016年3月に異例ともされる番組降板に

その後、2016年3月25日の放送を最後に同番組のお天気コーナーを降板した岡田さん

その後復帰したが、3月25日の放送を最後に降板。「NHKのお天気キャスターが1年で交替するのは異例で、事実上の契約解除と見られている」(NHK関係者)という

・そうした騒動から数ヶ月、岡田さんはいろいろと元気に活躍していた

▼「ひるおび!」で復活

6月に「ひるおび!」で復活

3月でNHK山形放送局を去った岡田みはるキャスターが、3カ月のブランクを経て、TBS系の情報番組『ひるおび!』で奇跡の復活を果たした

6月30日放送の『ひるおび!』(TBS系)で長崎市の豪雨被害による民家崩落現場のレポーターを務めた岡田アナは、司会の恵俊彰に「現場の岡田さん!」と呼びかけられ、ヘルメットにパーカー姿で画面に登場。約3分間にわたって現地の天候を報告

長崎の大雨による災害現場から、ヘルメットをかぶってリポート。今回のTBSへの出演で全国ネットデビューを果たしたことになる

以降の活動はほとんど知られていなかったが、6月30日には「ひっそり」と「ひるおび!」テレビ復帰を果たしていた

1 2