その後ひこにゃんが大ブームとなるが、市への使用申請があれば誰でも無料で使えるというフリーライセンス状態だったために、オリジナル3ポーズ以外の「ひこにゃん」グッズが出回った。これを市が許可していることを不服とした原作者が異議を申し立て、イベント終了後のキャラクター使用禁止を求めた。

出典ひこにゃん騒動再び - SATOXのシテオク日記

本当はないはずのしっぽがついたぬいぐるみやCDなども市が承認していた。また原作者は「当初の設定にはなかった性格や特徴などが勝手についていることも不当だ」と主張していた。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

覚えてる?約10年にわたるひこにゃん問題が遂に解決!

忘れたなんて言わないで・・ついにひこにゃんを巡る泥沼劇に終止符が!原作者と彦根市の間で長い間争われていた著作権にまつわる問題。そのせいでひこにゃんのグッズには様々な制限がかかっていたのです。何はともあれ、ひこにゃん!よかったね!!!

このまとめを見る