市が「ひこにゃん」の使用を許可した商品内容などを年1回の割合で男性に通知し、一定の監修機会は事後ながらも与える。市の商標権や男性の著作者人格権を侵害するような事例が見つかれば、互いに報告し、対応を協議する。

出典ひこにゃんのその後について:栗原潔のテクノロジー時評Ver2:オルタナティブ・ブログ

管理をしっかりと行うということで市が歩み寄った。そして同時に・・

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

覚えてる?約10年にわたるひこにゃん問題が遂に解決!

忘れたなんて言わないで・・ついにひこにゃんを巡る泥沼劇に終止符が!原作者と彦根市の間で長い間争われていた著作権にまつわる問題。そのせいでひこにゃんのグッズには様々な制限がかかっていたのです。何はともあれ、ひこにゃん!よかったね!!!

このまとめを見る