彦根市は、今回の覚書締結を受けて、来年3月に予定される彦根城築城410年祭に向け、新デザインの「ひこにゃん」を登場させたいとしており、その他、彦根城の世界遺産登録を目指す運動や、2024年の滋賀国体などでも活用の意向を示している。

出典ひこにゃん、彦根市が自由度を拡げられる覚書を原作者側と締結 2016/07/29(金) 17:44:49

市は、「原作者とも協力し、ひこにゃんの新たな展開を考える」とも。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

覚えてる?約10年にわたるひこにゃん問題が遂に解決!

忘れたなんて言わないで・・ついにひこにゃんを巡る泥沼劇に終止符が!原作者と彦根市の間で長い間争われていた著作権にまつわる問題。そのせいでひこにゃんのグッズには様々な制限がかかっていたのです。何はともあれ、ひこにゃん!よかったね!!!

このまとめを見る