1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

デジタルで絵描きたいけどそこまでお金かけられないし簡単な方法ないの?!

最近は パソコンがなくても気軽にデジタル絵が描けるツールがたくさんありますね!昔のペイントとは打って変わって商業のイラストで使っても申し分ないくらいのクオリティのソフトがリリースされています!

今回はiPad対応のものを紹介していきます!ノートPCや荷物が重くて外で作業する際にしんどい方!必見ですよ!!

これが一番使いやすいかも MediBang Paint

ツールの配置をある程度変えれたりペン先の大きさ調整など普通のペイントソフトとほとんど変わらない使い心地のアプリです!多分一番使われてるんじゃないでしょうか?

使ってみての感想はクリップスタジオに近い使い心地だなあと思いました!線も綺麗に引けますし簡単な案程度なら指で描いても十分行けますね!

個人的にはPhotoShopやクリップスタジオなど、従来のデジタルソフトに慣れてる方ならすぐ慣れそうな印象です。

レイヤーとかデジタル絵のあの感覚が苦手・・・そんな方に!

あの有名なAdobeのソフトのアプリですね!アイコンの色からして最初はPhotoshopみたいな感じなのかなと思ったのですが、Sketchってあるように結構アナログな感じの描き心地です。

5種類の筆のツールがあって消しゴムがあり、それで直感的に絵を描いてくツールのようです。どっちかというと超簡易ペインターみたいなソフトかなあと思いました。

広告でよく見かけますね! ibisPaint X

pixivの広告で観たりツイッターのプロモーションでこのソフトをiPhoneで使っている動画を観たことあります。実際インターフェイスを見る限りだと絵チャットの上位互換みたいな感じですね!(実際チャットはできないけどね!)

絵を描いたら描いてた過程を再生する機能も付いているみたいなので、描いている過程をアプリ内で全部済ませたい人にはいいかも・・・?

全部使ってみての感想

私の場合はクリップスタジオとPhotoshopをよく使うのでMediBang Paintが一番使いやすいです。レイヤー機能も従来のデジタルソフトそのままでデータをアプリの中でメールでデータとして送ったり出来るのでアイディアを外で練って家に帰って本作業という方法もできそうです!

ただ対応してる形式がJPEGかPNGだったりしますのでそのアプリの中で完結させるか下書き程度もしくは線画のみにしておき線画作業以降はPC作業と分けるのもいいかもです!

ただそこは個人の使い分けにもよるので使用してる方の好みにもよりますので自分の使いやすいようにカスタマイズしちゃいましょう!

今後もっと高機能なアプリが出たら(もしかしたら知らないだけかもしれないですが)PSD形式でタブレットだけで作業できるようになるかもしれませんね( *´艸`)

1