1. まとめトップ

酷すぎる成績!戦力外通告を受けたオリックスの助っ人達2016

プロ野球オリックスバファローズが9月5日、6人の外国人選手と来季の契約を結ばないことが明らかになりました。ブランコを除く5選手は今季獲得したばかりの外国人選手でしたが、すべてはずれるという結果になり、フロントの目が疑われます。 成績はいずれも9月6日現在の今季成績

更新日: 2016年09月19日

0 お気に入り 12599 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

97yudaiさん

オリックスが、今季9勝(9敗)を挙げているブランドン・ディクソン投手(31)を除く外国人全6選手と来季の契約を結ばない方針であることが5日、分かった。

すでに帰国する選手も

昨季はMLBのマイアミ・マーリンズでイチローとともにプレーをした選手。
クローザーでの活躍を見込んで獲得。
ストレートの最速は165㎞と自称しており、実際オープン戦では157㎞を投げ、5試合で5イニングを無失点に抑えるなど期待されたが、開幕戦でサヨナラ負けするなど別人のような投球を続け4月7日に登録抹消となった。
5月に再登録されたが、不安定な投球が続き再び登録抹消。
ファームでも防御率5点台と炎上。
ヘルニアの手術のため9月6日に帰国することにから、そのまま退団することが濃厚。

1軍成績 13試合 0勝2敗2セーブ 防御率7・30

2軍成績 20試合 2勝0敗3セーブ 防御率5.85

オリックスファンも忘れた助っ人

1軍成績 3試合 0勝1敗、防御率8・44

2軍成績 13試合 2勝4敗0セーブ 防御率2.04

鳴り物入りもケガでほとんど活躍できず…

1軍成績 27試合 3本塁打 打率.218

2軍成績 43試合 6本塁打 打率.238

途中加入も鳴かず飛ばず

2013年に中日でチーム最多の25本塁打を放つも、打率と三振がリーグワーストとなり確実性のなさから戦力外。
5月にオリックスに途中加入するも、成績は散々だった。

1軍成績 11試合 2本塁打 打率.172

2軍成績 34試合 4本塁打 打率.196

頑張った方だが…

1軍成績 60試合 3本塁打 打率.187

2軍成績 42試合 8本塁打 打率.308

戦力外から逆転!

レベルスイングで広角にライナーを放つ中距離打者として獲得。開幕では4番を任され打点を挙げた。
しかし打率は安定しなかったが、8月に調子を上げるも結局失速。ボグセビックに比べればマシな成績で来季に期待するという選択もあったが戦力外となった。
しかし、編成会議で戦力外から一転。来期の残留が決まった。

1軍成績 94試合 8本塁打 打率.244

2軍成績 14試合 0本塁打 打率.327

1