1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

ちょい足しでOK!好感度アガる「大人のホメ言葉」

ムリに使うとお世辞ってバレる。。これならいけそう!

更新日: 2016年09月07日

historessさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1928 お気に入り 283593 view
お気に入り追加

褒められてうれしい1位は…

「内面」の象徴ともいえるような要素で「人間として尊敬している」と言い換えることもできる

万能なホメ言葉♪

初対面の相手に、職業を聞いて使える言葉が

パーティなどで初対面の相手に仕事の内容を話してもらったが、具体的なイメージがぜんぜんわかないときに

苦手な相手へのホメ言葉は

耳をかさない人には「信念が強い」
即戦力にならない部下は「将来性がある」

「一言プラス」すると、ランクアップ!

「Aさんって仕事早いですよね」→「私、Aさんって仕事早くてすごいなと思います」

褒めている内容は同じでもお世辞に聞こえにくく、尊敬している様子をダイレクトに伝えることができる

「明るいので~」「元気なので~」と性格の後に自分の気持ちを伝えれば、いっそう好意を伝えることが出来ます。

「いつも明るく接してくるので、こちらも元気になれます」など最初に入れると◎

「勇気づけ」を意識すると、偉そうにならない

「おいしい料理をありがとう。うれしい」「掃除をしてくれたんだね。助かるよ。ありがとう」と言われたほうが、よほど気持ちがいい

「ありがとう」も、褒め言葉♪

キャバ嬢テク+具体例で、喜んでもらえる

キャバ嬢の“さしすせそ”「さすが!」「知らなかった」「すごい!」「センスいいね」「そうなんだ」

キャバ嬢の“さしすせそ”を駆使するのもアリといえばアリですが、どの部分がすごいと思ったのか、具体的に言うと喜んでもらいやすい

キャバ嬢のさしすせそに、具体例を足すだけ♪

男性から、女性に使えるホメ言葉

「今日の料理も美味しいね」ではなく、「疲れているのに毎朝、作ってくれてありがとう」

内面的なことを褒めるに限ります。「分かりやすい説明でありがとうございます」「話しやすいので、いっぱい話してしまいます」

女性から男性に使うときは…

先天的なものを褒めると良いんだとか

人を惹きつけるとか、持って生まれた魅力みたいなものを褒められると自信が湧く

1 2





historessさん



  • 話題の動画をまとめよう