1. まとめトップ
  2. ガールズ

実は間違いばかり…!?トリートメントの本当の使い方

けっこうやりがちなことも実は間違ってるんですね

更新日: 2016年09月07日

goodcat773さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
753 お気に入り 316488 view
お気に入り追加

「びしょ濡れの髪」につけませんか?

実はシャンプー後にそのままつけてるのはNG!

水が滴るくらい濡れている髪の毛にトリートメントを使用しても、 すぐに流れてしまいます。

シャンプー後にトリートメントをするとき、髪の毛の水分はタオルでしっかりと拭き取ってからにしましょう。

沢山つけても効果はアップしない…!

多すぎると逆に髪を傷める原因に…

量や頻度が多過ぎたりしてしまうと、髪が扱いにくくなったりカラーやパーマが入らなくなったりしてしまいます。

「毛先だけつける」のも実は間違い

毛先だけや表面だけはNG。よくあるNGなヘアトリートメントのつけ方として“毛先だけ”とか“表面だけ”などのつけムラがあります。

髪の根元からみて、中間から毛先につけて。髪の長さで考えると、必要な場所につかないので要注意!

つける時はまず「指」に

指先や指の間にもていねいにトリートメント剤を伸ばします。こうすると、手ぐしを通したときに髪につきやすくなります。

こうすることで塗りムラも防げます

これをしないと最初に触った所につき過ぎます。「えぇっ!!まだやるの!?」くらい手にのばして下さい。

つけた後は時間をおかない!

トリートメントは置き過ぎても、特に髪への効果がアップすることはありません。

商品の説明にある時間以上は絶対につけないようにしましょう

逆に頭皮にトリートメント剤が付着して、抜け毛や髪の毛のボリュームダウンにつながってしまいます。

シャワーで洗い流すのはやっちゃダメ

シャワーって髪の表面ばかりお湯が流れませんか?襟足を流し終わる頃には、表面の髪は少しきしんでいると思います。

確かに…!!

トリートメントをシャワーで流すのではなく洗面器の中にお湯を一杯張りトリートメントを溶かしてください。

すすぎのお湯のぬるつきが無くなるまで、丁寧にすすぐようにしましょう。

「洗い流さない」方が効果は弱い!?

洗い流さないトリートメントは基本的には、日常生活の中で髪が受けるダメージから、綺麗な髪を守ることにあります。

1 2





goodcat773さん

気になったことを随時まとめて行きます!

このまとめに参加する