1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

kattarisukuさん

☆四神とは

四神(ししん、しじん)は、中国の神話、天の四方の方角を司る霊獣である。四獣(しじゅう)、四象(ししょう)ともいう。四象と四神・四獣は同義であり、実体のない概念である四象に実体を持たせたものが四神・四獣とされる。

☆四神にまつわる場所

キトラ古墳

キトラ古墳(キトラこふん)は、奈良県高市郡明日香村の南西部、阿部山に築かれた古墳。亀虎古墳とも書く。墳丘にある石室内に壁画が発見され高松塚古墳と共に保存事業が進められている。

1983年11月7日、石室内の彩色壁画に玄武が発見され、高松塚古墳に次いで2例目となる大陸風壁画古墳として注目を集める。

1998年の探査で青龍、白虎、天文図が確認され、2001年には朱雀と十二支像が確認された。カビなどの被害が発生していたため壁画ははぎとられて保存されている。

☆青龍

中国で朱雀・玄武・白虎と共に四神の一つとされる神聖な龍。姿は鹿の角、馬の首、蛇の尾、魚の鱗をもつ龍で、青い色をしている(厳密には緑ともされる)。但し、古い壺などでは頭が白や黄色に描かれたものも存在する。蒼龍とも言う。

五行説では木に対応し、東方を守護し、春の季節を司るとされる。また臓器では肝臓、食物では酸っぱいもの、環境では川、人生では青春に対応する。

せいりょう とも。中国の伝承で方位や星宿の象徴の神。四方を司る天の四神のひとつ。東を司る。また、さそり座が蒼龍とされていた。
(「蒼龍」は「そうりゅう」とも)

また出世、地位、名誉、男児などを司る。

風水での四神相応の考え方では東に川の流れがあることを青竜とする。また陰陽の思想においては西の白虎と対になり、陰虎と陽龍として表されることもある。
三国志の関羽の武器に天の青龍に関係した伝説のある青龍偃月刀がある。

☆青龍にまつわる場所

魔戸の滝伝説「百合姫大明神」

魔戸の滝と呼ばれ、景勝の地となっている新居浜種子川西ノ谷川の奥の樽渕は、東の樽、西の樽、中の樽の三つに分かれ、土地の人々は、普通、樽と呼び、また樽渕と呼んでいるが、この滝に行く途中に窓のように峠の上がくり抜かれていて、その峠から樽淵を望むことができるので、人々はこの石の所在地を窓と名付けたわけでしたが、その後いつの間にかこの淵の名を魔戸の滝としてしまった。

この三つの樽(淵)には、それぞれの物語がある。東樽には龍が棲み、西の樽には大蝦蟇が棲み、中の樽には龍王さまが棲んでいるとのことである。また、樽という奇妙な名の起こりは、ある年、だい干ばつがあって川という川、谷という谷、井戸という井戸に一滴の水さえなくなったことがあった。麓の人たちは、皆一斗樽を背負ってこの滝壺に行き、龍王さまにお水を頂いて帰ったことから、誰言うことなく、この滝壺を樽淵と呼ぶようになった。
 この三つの淵は、どんな大日照りでも、水のつきることのない不思議な淵でした。

ところが、その年は幾日たっても雨が降らず、遂に田畑の作物も草木もみんな枯れてしまうという危機があった。
 村の代表が寄り集まって相談の結果、樽淵の龍王さまに村一番の処女を選んで献上することになった。そこで、麓の川口の里の百姓彦兵衛さんの娘お百合が一番器量よしということになり、盆の15日に樽淵の龍王さまのところに送り届けられることになった。お百合は父彦兵衛や村人に送られて、細い山道を賑やかに囃したてながら、どんどん登って行った。
 やがて、行列は無事に中の樽に到着しました。青々と鏡のように澄みきった樽淵、そこは美しく着飾った多くの姫に囲まれた龍王さまが船に乗って立っていた。お百合は姫たちに手を曳かれ龍王さまのお側に立ち並び、それは誠に美しく龍宮の乙姫を思わせる姿でした。お百合は白い手を振り、村人たちに最後のお別れを告げると、龍王さまやお百合、姫たちを乗せた船は、青い水底に姿を消してしまった。

それから間もなく空は僅かにかき曇り、大雨となった。これで田畑の作物も野山の草木をみなよみがえったのである。
 村人たちは、彦兵衛に感謝し、お百合に感謝して、中の樽のほとりに龍王さまを祀り、その側に百合姫大明神という祠を建てて、懇ろに霊を慰めたのである。
(「新居浜市史」から)

青龍が見守る川棚温泉

大昔一大沼地だった川棚には巨大な青龍が棲んでいましたが、

欽明天皇の時代に大地震があり亡くなってしまいました。

里人は哀れに思い青龍権現として祀ると、温泉が涌出したと伝えられています。

その後、川棚温泉は三恵寺の怡雲(いうん)和尚によって中興されました。

青龍神社

「 青龍神社 (せいりゅうじんじゃ)」は弘法大師空海の弟子が京都の醍醐(だいご)の青龍神を移し祀ったと言われています。 青龍神社 入り口から霊気があふれるとてもパワーの強い神社です。東照宮、二荒山神社の例大祭の時、晴天を祈って祈晴祭が行われています。

☆青龍にまつわる武器

青龍偃月刀

1 2 3