1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

職場の雰囲気が変わる!ネガティブな言葉をポジティブに変えるヒント

仕事中だって愚痴を言いたくなる時はあるし、泣きたくなることや落ち込むことだってありますよね。でも、そればかりだと職場の人から「ネガティブな人」「暗い人」と思われてしまいそう…。そんな時は、言葉をポジティブに変換してみませんか?

更新日: 2016年09月08日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
279 お気に入り 69159 view
お気に入り追加

▼仕事中…でも、愚痴だって言いたいし、落ち込むこともある。

仕事中だって愚痴を言いたくなる時はあるし、
泣きたくなることや落ち込むことだってある。

周囲から「ネガティブな人」って思われそう。

職場は、仕事がしやすい環境であることが理想。
お互いが集中して効率的に仕事できる環境が求められます。
そのため、場の空気が読めない人は非常に嫌われます。

いつも愚痴るばかりでは気が引けるし、ただの愚痴だったつもりが、その内容が噂になってしまって後悔することもあります。

▼何より、職場の雰囲気が悪くなっちゃう。

職場の雰囲気が良い・悪いって気になる!

四六時中愚痴を言う人は職場の士気を下げてしまうもの。

雰囲気が悪くなり、良い関係を保ち続けられなくなってしまう

職場の雰囲気が最悪だと、どうしても居心地も悪くなります。
一日の大半をその空間で過ごすのですから、
ストレスも非常に溜まりますし、当然疲労感も大きくなります。

▼職場の雰囲気が悪いって本当ににイヤだよね(´;ω;`)

明日が憂鬱。同じ職場の同じ事務所だっつうのに何でこんなに雰囲気悪いねん。

仕事が過密スケジュールになってきて職場の雰囲気が悪い… これが来年春まで続くとか、耐えられるのだろうか(>_<)

□職場の雰囲気を変わる!ポジティブな話し方をマスターしよう!

・まずはコミュニケーションの量を増やそう。

とにかくコミュニケーションを取る、増やすことで職場を良い雰囲気に変えましょう。

コミュニケーションの量が増えれば自然と仕事もプラスに働きます

例えば、ただ「お疲れ様」と言うのではなく、面と向かって「お疲れ様」という。これだけでも印象は変わります。

・話す時、デメリットは先に、そして、その後にメリットを伝える。

先にデメリット、後にメリットを伝える。
言っていることは同じでも印象がかなり違います。

メリットとデメリットで、先に伝えるべきなのは「デメリット」。最初にこちらの「弱み」を伝え、そのあとに「強み」を伝えてください。こうすることで、相手の脳内には「強み」の方が印象強く残る

メリットだけ話された場合よりもデメリットを先に伝えておくことで後に伝えたメリットが強調され、相手に信用してもらいやすくなる

デメリットを伝えるときは、デメリットを解消する方法も同時に伝えると、デメリットがデメリットでなくなります。

・反論したいことがある。でも、その前に相手の話を聞いてから。

相手の立場を尊重し、相手の意見は意見で一旦きちんと聞くようにしましょう。
意見を言うのはそれからでも間に合います。

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう