1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

ゲゲッ!汚部屋になる人がハマる落とし穴

汚部屋になりがちな人が、見落としがちなことがある。

更新日: 2016年09月08日

ぱれるもさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
858 お気に入り 263662 view
お気に入り追加

今度は、収納家具の圧迫感がスゴイことに…。

ここで、発想の転換が必要に

必然的に中のモノも減らさなくてはならなくなりますし、モノの量を減らした結果、片づけやすい家になっていく

引き出しや箱に入っているものは、まぎれもなく、「今、使っていないが、また使うかもしれない」物だった

収納があるから、いらない物をとりあえず取っておきたくなる悪循環。

ホントに必要な収納を見直してみよう

お片付けノートいいらしい。毎日3個くらい捨てる。捨てた理由を書く。だんだん捨てる基準分かってきて片づくらしい。それをとばして収納、掃除にかかるからものが増える。まず収納グッズ買ったり。ホントあるある。順番かなるほど。分かった気になってるかもWW

必要なモノだけになれば、収納術や収納グッズはあまり必要がない

「リビングの壁の一面は何も収納を置かないようにしてスッキリさせよう」と決めるのもいい

1台2役の家具を使う 家族の持ち物が多すぎて、安易に収納家具を増やすと部屋が狭くなって困ります。収納のついたベンチやスツールといった、1台2役の兼用家具。座面を持ち上げると、その中が収納ボックスになっていて、子どものおもちゃや絵本、雑誌などをしまうといった使い方をすると便利です

兼用家具にできないか考えてみるのもいいかもね。

ニトリの吊り下げ収納に100均のファイルトレーを入れてシャツ収納に!!A4がちょうど入って、畳むときにクリアファイルを台紙にすれば綺麗に入れられます!! pic.twitter.com/fQ6efDtWKc

小まめに使うものは、収納家具のスペースを増やす工夫で対処。

よく使うものだったら、立体的に収納する

玄関ホールから日本の住宅らしく狭い廊下。さらに薄い突っ張り本棚で収納力を強化。壁にはネットを貼って細かい道具を立体収納。途中右に一階用のトイレと洗濯室、その奥に六畳洋室。一番奥がダイニングキッチン。もっと断捨離して広くしたいがぁ…。 pic.twitter.com/2Eh4HudZf9

収納術は、必要な物を見極めた上で使うといいのかも。

必要な収納だけになると…

物地獄への入り口は、収納が足りないと収納家具を買うところから。既存の収納にしまえる分量まで減らす。買ったら買った分減らす。

収納にしまえる分量を超えたときは、整理を始めるタイミングかもね。

1





ぱれるもさん

好奇心旺盛ってよく言われます。

このまとめに参加する