1. まとめトップ

【ソウル=共同】韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮が29日早朝に発射した弾道ミサイルは1発で、飛行距離は約2700キロ、最大高度は約550キロだった。

菅義偉官房長官は緊急の記者会見を開き、「午前5時58分ごろ、北朝鮮西岸より一発の弾道ミサイルが北東方向に向けて発射されました。午前6時6分ごろに北海道・襟裳岬上空を通過しました。午前6時12分ごろ、襟裳岬の東1180キロの太平洋上に落下したと推定されます」と記者会見で話した。

その上で「今回発射された弾道ミサイルは我が国の上空を通過したと見られ、我が国の安全保障にとって重大な脅威である」と警告した。

現時点で国内の被害は確認されていない。政府の緊急情報ネットワークシステム(エムネット)では「ミサイルは3つに分離した」としている。

安倍首相は「我が国に北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、我が国の上空を通過した模様ですが、ただちに情報の収集分析を行います。国民の生命をしっかりと守るために万全を期して参ります」と談話を発表した。

3発のミサイルのうち、2発がほぼ同時に発射されている。2発のミサイルがほぼ同時に飛んでくれば、ミサイル防衛システムは両方を封じることがより困難

長距離兵器を大幅に改良しており、実験を行うたびに、明確な目標を念頭に軍を強化しているようだ。「北朝鮮は、本気で核兵器を使ってアメリカと戦うとしている

NHKによると、既に存在しているJアラート(全国瞬時警報システム)は、自治体などに緊急情報を発信するが、船舶と航空機はほぼ対象となっていなかったため、「政府は日本の領海・領空だけでなく、排他的経済水域など日本周辺の船舶と航空機も対象に、ミサイルの発射を迅速に知らせる新たなシステムの運用を始めた」という。

なお新システムは、数段階で情報を伝達する。まず内閣官房が国土交通省、海上保安庁、水産庁とミサイル発射の情報を共有し、各省が漁業無線や航空機用の無線などを通じて情報伝達を行う。NHKが報じた。 また政府は、情報伝達の時間を短縮するためにメールの自動送信機能の活用なども検討しているという。

続きを読む: http://jp.sputniknews.com/politics/20160907/2740622.html

韓国が配備を決めたアメリカの対北朝鮮ミサイル迎撃システムに、中国が首脳会談で強い不満を表明した。

中国・杭州のG20首脳会議に合わせて、中国の習近平主席と韓国の朴槿恵大統領が9月5日に会談した。会談では、米韓両国が在韓米軍に配備を決めた高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD)について、厳しいやりとりが交わされたとみられる。

中国の国営新華社通信によると、習主席は「この問題(THAAD)の処理を間違えば、地域の戦略的安定に助けにならず、紛争を激化させる可能性がある」と憂慮を表明した。

これに対し朴大統領は「北朝鮮のミサイルへの対応手段としてのみ配置するものであり、第三国の安全保障を侵害する理由も、必要もない」と述べ、理解を求めたが、議論は平行線をたどったとみられる。

アメリカのミサイル迎撃システムを韓国内に配備することを巡って、中国はかねてから強い不満を表明しており、8月6日には中国で人気のある韓国俳優の交流イベントが北京で直前に無期延期となるなど、中国への経済依存を深める韓国への報復とみられる動きが出ていた。

最近の中韓首脳会談では、強まる経済関係を背景に両国の「蜜月関係」をアピールしていただけに、今回はTHAADを巡る関係冷却を強く印象づける会談となった。

1 2





daiba49さん

政敵の悪口ばかりの政治家、広告主や権力批判出来ない新聞テレビは信じません。フィルターの無い・・ウィキリークのようなナマの情報でなければね!
私?知性も野生も感性もない軽い変態ですが!?何か?