1. まとめトップ

【アニメ】 アンパンマンの登場人物 一覧 全107キャラクター(画像、声優、性格など)

アニメアンパンマンの登場人物全107キャラクターの画像、声優、性格などについてまとめました。

更新日: 2016年09月11日

4 お気に入り 1206846 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

声 - 戸田恵子
性別 - 男 / 初登場回 - TV第1話「アンパンマン誕生」
パン工場でジャムおじさん達と共に暮らしている。ひもじい者にあんパンでできた自分の顔を差し出す
困っている人やお腹を空かせた人がいないかパトロールしたり、パン工場のパンを町中に届けたりするのが毎日の仕事。仲間のしょくぱんまんやカレーパンマンらと共にパトロール活動をする事もある。

声 - 増岡弘
性別 - 男 / 初登場回 - TV第1話「アンパンマン誕生」
パン工場に住んでいるパン職人で、アンパンマンの生みの親。アンパンマンとそっくりな顔をしている。基本的にいつもコック帽を被っているが、コック帽を被っている部分は髪の毛がない状態である。
「美味しくな〜れ…美味しくな〜れ…」と、食べてくれる人が元気になるように、笑顔になるように、真心を込めてパンを作っている。

声 - 佐久間レイ
性別 - 女 / 初登場回 - TV第1話「アンパンマン誕生」
パン工場でジャムおじさんの助手をしている少女。ジャムおじさんと同じく基本的にいつもコック帽を被っているが、話や時期によって前髪の形が僅かに異なっている。バタコさんの名前はバターに由来する。
TVアニメではジャムおじさんの孫という設定があるが、諸説設定は様々である。

声 - 山寺宏一
性別 - 男 / 初登場回 - TV第1話「アンパンマン誕生」
ある日、森の中で泣いていたところを子供だったアンパンマンに助けられ、以来パン工場に住み着いている犬。愛称はチーズ。名付け親のバタコさんとは一番仲が良く、顔の輪郭もそっくりである。黄色い首輪を付けている。クリームパンダやカバオくん達とも仲良し。書籍『アンパンマン大研究』では『名犬』という犬種であるとしている。

声 - 柳沢三千代、富永みーな(代役)
性別 - 男 / 初登場回 - TV第2話B「アンパンマンとカレーパンマン」
アンパンマンの仲間で、彼と同じくジャムおじさんによって作られた。頭部がカレーパンで出来ている。短気で熱血な性格。口から熱いカレーを吹き出して攻撃する『カレービュー』が得意技。

声 - 島本須美
性別 - 男 / 初登場回 - TV第3話B「アンパンマンとしょくぱんまん」
アンパンマンの仲間で、頭部が食パンで出来ている。アンパンマンやカレーパンマンとは違い、トースター山という山から生まれたらしい。『しょくぱんまん号』に乗って町や学校へ食パンを届けている。優しく紳士的な性格で芸術への関心が高い。

声 - かないみか
性別 - 女 / 初登場回 - TV第200話「メロンパンナちゃん誕生」
1992年に初登場。メロンパンの少女。ジャムおじさんが流れ星(いのちの星の流群と大変よく似ている)を見て、「皆が幸せに生きていくには、勇気と同じくらい優しさが必要」と考え、作られる事になった。アンパンマンとは違い成長した姿で誕生している。従来のパン工場関連のパンのキャラクターでは最初の女性キャラクター。

声 - 冨永みーな
性別 - 女 / 初登場回 - TV第300話「ロールパンナのひみつ」
1994年に初登場。ジャムおじさんがメロンパンナの為に作ったロールパンの女戦士で、ジャムおじさんが作った最後のパンのキャラクター。白い布で顔を覆っており、額の部分には赤い「R」の文字が書いてある。黒い服を着ており、布と同じ白い手袋とブーツを履いている。布の頭から黒い渦巻が描かれているが、模様ではなく巻き毛である。

声 - 長沢美樹
性別 - 男 / 初登場回 - TV第469話「アンパンマンとクリームパンダ」
1998年に初登場。ある日突然ジャムおじさんが呼んだクリームパンの少年。パン工場関連のキャラクターでは最後に登場したキャラクタ―。カスタードの国から来た。家族や経歴も不明だが、メロンパンナやロールパンナを「お姉ちゃん」と呼び慕っている。一人称は「僕」。名前は他のパン工場関連の男性パンキャラクターとは違いパンマンとつかず、女性パンキャラクターに使われるパンナをアレンジしたものとなっており、敬称も「ちゃん」が使われている(ばいきんまん達やロールパンナを除く)。

声 - 坂本千夏
性別 - 男 / 初登場回 - TV第1話「アンパンマン誕生」
「てんてんどんどんてんどんどん」「ふっくら衣の揚げたてエビ天 おつゆの染みたご飯がおつザンス」などと歌いながら箸で頭の丼のふちを叩きつつ出てくる。中身は天丼。一人称は「アタシ」で、語尾に「ザンス」をつけて話す。お腹を空かせて困っている者に自分の丼を食べさせたり、自身の作った丼を提供している。蓋からはみ出す程の大きなエビ天が何よりも自慢。中身は何でもいいらしいが、エビ天丼(エビ天ふたつが乗っている事が多いが、しいたけやたまねぎが加わる場合もある)が一番力が出るらしい。

声 - 三ツ矢雄二
性別 - 男 / 初登場回 - 映画第1作目「キラキラ星の涙」、TV第40話「アンパンマンとどんぶりまんトリオ」(TVデビュー)
「黒豚お肉をパン粉で包み、カラッと揚げたて豚カツを」と歌いながら指を鳴らしつつ出てくる。中身はカツ丼。中身を失うと体中の力も失う。てんどんまんと同じくよくばいきんまんに中身を食べられる。一人称は「ミー」で、口調が外国かぶれの傾向がある。

声 - 山寺宏一
性別 - 男 / 初登場回 - 映画「キラキラ星の涙」、TV第40話「アンパンマンとどんぶりまんトリオ」(TVデビュー)
「かまかまどんどんかまどんどん」と歌いながらしゃもじを持って出てくる。トリオで唯一、顔が丼鉢ではなく釜になっている。中身は釜飯。モチーフは駅弁の「峠の釜めし」。一人称は「オラ」で、語尾に「ダベ」をつけて東北弁を使用して話す。

声 - 塩沢兼人→阪口大助(塩沢没後)
性別 - 男 / 初登場回 - TV第3話A「アンパンマンとはみがきまん」
体が歯磨き粉用のチューブになっている歯医者。手に持っている大きな真っ白歯ブラシで痛い虫歯を治してくれる。「グッドはみがきモーニング!」と挨拶する。アニメ初期では「さん」付けで呼ばれた事がある。

声 - 京田尚子 / 歌 - 柳志乃
性別 - 男 / 初登場回 - TV第4話B「アンパンマンとおむすびまん」
顔はコシヒカリやササニシキといった高級米で握られた三角形のお結びで、鼻は梅干しで出来た、股旅姿の男性。中身は梅干し。持ち歌『ルンルンおむすび仁義』にもあるように、自分の顔を食べさせ飢えに苦しむ人たちを助ける設定だが、TVアニメでは食べられる事を拒んでおり、代わりに普通のおむすびを持ち歩いている。ジャムおじさんに顔を取り替えてもらった事もある。

声 - 林原めぐみ
性別 - 男 / 初登場回 - 映画第2作同時上映「おむすびまん」、TV第122話A「アンパンマンとこむすびまん」(TVデビュー)
おむすびまんが旅先のひとくち村で出会った少年。おむすびまんを師匠と慕い、弟子入りする。ビー玉攻撃が武器。顔は丸顔で、鼻は梅干し。一人称は「オイラ」で、語尾に「ござんしゅ」をつけて舌足らずな喋り方をする。おむすびまんのように湯気を出す事もできるが、かなり力まないと出す事ができない。

声 - 田中真弓
性別 - 男 / 初登場回 - TV第5話A「アンパンマンとひのたまこぞう」
火山から誕生した火の玉の少年。口から火を吹いたり触れた物に熱を負わせたりする。小僧というだけあってやんちゃで元気な性格をしている。空を飛ぶ事ができる。水に弱く、小さくなって消えてしまう。氷の女王やなだれおにの攻撃にも弱い。完全に消える前に火の中(パン工場のかまど等)に入れると復活できる。初登場時はばいきんまんの口車に乗って、山火事を起こしたことがある。

声 - あきやまるな→冨永みーな(あきやま没後)
性別 - 男 / 初登場回 - TV第6話B「アンパンマンとみるくぼうや」
体は小さいがとても強い哺乳瓶の少年。サカサマ島の中心にあるミルク島に住んでいる。一人称は「ボクちゃん」で、語尾には「でちゅ」とつける。あかちゃんまんやベビードーナツ等の赤ちゃんを助ける。遊ぶことが大好きだが、幼稚な遊び(いないいないばあ、たかいたかい)を嫌う。

声 - 柏倉つとむ→坂本千夏
性別 - 男 / 初登場回 - TV第18話B「アンパンマンとやかんまん」
黄色いやかんの男性。負けず嫌いだが気は優しい。昔の頃は形が古くなり人気が無くなってきたが、現在はカバオくん達の学校で働く事になった。ポットちゃんのことが好き。

声 - 佐々木望→三ツ矢雄二→中原茂、北村弘一(映画・ぼくらはヒーロー)、山寺宏一(代役)
性別 - 男 / 初登場回 - TV第21話B「アンパンマンとおそうじまん」
背中に背負った掃除機でゴミや汚れを吸い取る綺麗好きの男性。掃除機状の口とモップ状の髪が特徴。TVアニメ初期の頃は、ばいきんまん達に町等を汚される話で、アンパンマン達の助っ人で登場する事が多かった。

声 - 小林優子→冨永みーな、松尾銀三(代役)
性別 - 男 / 初登場回 - TV第168話B「アンパンマンとタワシくん」
たわしの少年でとても綺麗好き。洗剤と2本の柄付きたわしで何でもピカピカに磨く。よく「ワタシはタワシのワタシです〜」と歌う。登場して間もない頃は少しでも汚れていれば人物もピカピカに磨く対象だった。おそうじトリオを結成する前の頃はおそうじまんとよく喧嘩していた。

バケツくん

声 - 松本保典→山口健→吉田小南美→千葉千恵巳
性別 - 男 / 初登場回 - TV第180話B「アンパンマンとバケツくん」
バケツの少年。おそうじ島を雑巾で綺麗に磨いて、おそうじまん達の留守を守っている。

声 - 千原江理子→天野由梨→千原江理子
性別 - 男 / 初登場回 - TV第27話B「アンパンマンとあかちゃんまん」
赤いベビー服とヘビー帽子、マントを着用した赤ちゃんのヒーロー。普段はただの赤ちゃんだが、ミルクを飲むとばいきんまんの巨大なメカや大きな金槌も素手で受け止める程の怪力になる。かつてはコウノトリと共に困っている人を助ける旅をしていた。しかし、コウノトリとはぐれてしまい、ばいきんまんやアンパンマン、ドキンちゃんたちと出会う。

声 - 三ツ矢雄二
性別 - 男 / 初登場回 - TV第30話B「アンパンマンとハンバーガーキッド」
顔がハンバーガーのカウボーイで正義の味方。愛馬のピクルスに乗って旅をしている。投げ縄で敵を捕える。お腹を空かせた者には顔ではなく一個のハンバーガーを作って与える。口の中のハンバーグが無くなると力が無くなる。ハンバーガーはいわばパンである為、顔の交換が可能。TVアニメ初期には、ジャムおじさんに顔を交換してもらうシーンがあった。

声 - 山寺宏一
性別 - 男 / 初登場回 - TV第30話B「アンパンマンとハンバーガーキッド」
ハンバーガーキッドの愛馬。やきそばパンマンと共演した際に彼の愛馬のホワイトソースと恋仲になっていた為、性別はオスのようである。アンパンマンのマントをつけて、空を飛んだ事もある。TV第86話「おかしな自動車レース」では、アンパンマン達やばいきんまんの車と互角以上のスピード勝負を繰り広げていた。馬であるためか人参が好物で臭いをかいだり、絵を見ただけでも我を忘れ駆け寄ってしまう。

声 - 榊原良子→島本須美(映画・ドキンちゃんのドキドキカレンダー)→勝生真沙子
性別 - 女 / 初登場回 - TV第46話A「アンパンマンと鉄火のマキちゃん」
鉄火巻の女性で正義の味方。頭の上に付いている2本の鉄火巻とくノ一のような格好が特徴。短気で男勝りだが困っている人を助けずにはいられない鉄火肌の性格。

声 - 沖佳苗
性別 - 女 / 初登場回 - TV第994話A「アンパンマンと鉄火のコマキちゃん」
鉄火のマキちゃんに憧れて、鉄火巻作りを修行中の妹分。頭の上に鉄火巻が1本ある。元気は良いが酢を入れ過ぎるなど大雑把な為に、マキちゃんのような鉄火巻がまだうまく作れない。

声 - 山口健→山口キヨヒロ(健没後)
性別 - 男 / 初登場回 - TV第53話B「アンパンマンとアリンコキッド」
バッタに乗って旅をしている、とても小さなアリのガンマン。一人称は「おれ」または「おいら」。何でも小さくする赤い拳銃と大きくする青い拳銃(青い方は赤い拳銃で小さくしたものを元に戻す効果があり、通常の状態から巨大化させることはほとんどない。また一度だけはみがきまんやムシバキンマンを巨大化させたこともある)を持っている。ばいきんまんによく拳銃を奪われる。

声 - 井上和彦→大塚芳忠→井上和彦、中村秀利(代役)
性別 - 男 / 初登場回 - TV第58話B「アンパンマンとかつぶしまん」
顔がかつぶしの形をした侍で、鞍馬天狗に似た姿をしている。一人称は「拙者」。武器はかつぶしで出来た刀・かつぶし剣で、『かつぶし剣三日月剣法』が攻撃技だが、初登場時は気合いで声の塊を飛ばしてばいきんまんを撃退した事がある。また、かつぶし剣の代わりに割り箸を使ってバイキンメカと互角に渡り合った事もある。

声 - 頓宮恭子→高乃麗、田中真弓(映画・ばいきんまんの逆襲)、坂本千夏(映画・ドキンちゃんのドキドキカレンダー)
性別 - 男 / 初登場回 - TV第72話B「アンパンマンとニンジャのニャンジャ」
猫の忍者で正義の味方。忍術の修行の為に世界中を旅している。語尾に「ニャ」を付けて話す。手裏剣など様々な忍術が使えるが、中でも木の葉隠れの術が得意。

1 2 3 4