1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

主婦大助かり!もう献立に悩まない簡単ルール

みんな迷う夕食メニュー。ざっくりとした献立のルールを決めておくと、節約にもなって便利だよ。

更新日: 2016年09月12日

tea_heartさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1810 お気に入り 286632 view
お気に入り追加

いつまでたっても、献立が決まらない

やみくもにレシピ検索するけど…時間だけが過ぎていく。

まず、肉か魚かを決める。メインの料理に合わせる野菜を決める。それにかぶらない食材で汁物と副菜を決める

こんな感じに、ざっくりとだけでも決めておくと迷わなくなるよ。

ゆる~い献立のパターンを決めておく

「炭水化物(ごはん)」「主菜でタンパク源」「副菜で野菜」とふんわりイメージしとけばいい

うちの家族はこれさえ食べさせておけば大丈夫! という、“基本メニュー”をあらかじめ設定しておく

時間ないときは、メインとお味噌汁だけでもOK。

冷蔵庫にある野菜と肉(たまにエビやイカ)を細く薄く刻んだら、めんつゆの入った鍋に入れて食材に火が通るまでゆでるだけ

てりたれ完成。醤油1:みりん2 を半量になるまで煮詰めるだけ(アクとりをする)。割り箸に最初の高さに標をつけておくと半量になったか判りやすい。 pic.twitter.com/5QcKHQUD7P

こういう自家製の調味料を準備しておくといいかも。

1週間のメイン料理を先に考える

一週間の大ざっぱな献立表を作ると、簡単に献立を決められる

メイン料理の食材を書き出しておこう。

肉料理の翌日は魚料理というように、肉と魚を交互にすることで主菜を決めやすい

手の込んだメイン料理は、1品だけに!

週7日のうち、肉3日、魚3日、卵1日、もしくは肉4日(牛肉、豚肉、鶏肉、ミンチ)、魚2日、一品物1日(カレー・丼・麺)など

メイン食材だけでも決めとけば、買い物も迷わなくなるよ。

丼物の日、麺ものの日、鍋物の日などカンタン献立の日を増やす

調理法や味付けは、サイクルにして

調理法や味付けについても、前日とかぶらないようにある程度サイクルを決めておく

メイン食材でググる!!!→出て来たレシピの中から今ある食材で調理可能なレシピを選ぶ

メイン食材さえ決まっておけば、レシピ検索もそんなに迷わない。

副菜は、主菜と反対の味にする

玉ねぎで炒飯、にんじんでサラダ、じゃがいもでスープというように、一つの素材をメインに作ると、品数が増えます

1 2





tea_heartさん

紅茶厨です´◡`

このまとめに参加する