1. まとめトップ

羊の種類に驚愕!!こんなにいたなんて!羊大図鑑 #羊 #ヒツジ

羊にはたくさんの種類がいることを知っていますか?その種類の多さにきっと驚くはず!かわいい羊やかっこいい羊。たくさんご紹介していきますね!

更新日: 2017年09月08日

3 お気に入り 111972 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

スペインが原産で、最も繊細で優美な羊毛を生産する毛用種「スパニッシュ・メリノ」によって改良されたメリノ系種。ドイツのサキソニー・メリノ、フランスのランブイエ・メリノ、南アフリカのケープ・メリノ、オーストラリアン・メリノ、アメリカン・メリノなどがあります。

ツジの一品種。スペイン原産。フランス・アメリカ・オーストラリアで改良。毛は白く,きわめて良質の梳毛糸(そもうし)が得られる。毛皮はムートンとなる。

ランブイエ・メリノ

サフォーク

イギリス原産の大型肉用種。在来種のノーフォーク・ホーンに、最も肉質がよいといわれるサウスダウンを交配して作られました。世界各地で肉生産に利用されています。

サフォークは「羊のショーン」のモデルになっているといわれています。

ドーバー

サウスダウン

ダウン種の中でも、最も細くて柔らかい毛質。羊毛ふとんの原料などとして多く使用されています。"羊のショートホーン種"と言われる理想的な肉用タイプの品種で産毛性とともに産肉性にも優れています。

●チェビオット

イングランドとスコットランドの堺にある、チェビオット-ヒルズ周辺を原産地とする羊。ロシアを始めとして、欧州の各地、オーストラリア、ニュージーランドなど、世界各地で飼育されています。手触りの粗いツイード等に多く使用されているようです。

イングリッシュレスター

現存する英国最古の長毛ラスター種です。毛の長さは20~25cmほど。大型の羊で毛は長く、重量感と光沢のある羊毛が特徴。深いウェーブがあり先端は尖っています。スーツ・コートの裏地や、家具用生地などに使用されます。

テセル(テクセル)

テクセルの品種は19世紀初頭におけるオランダの海岸沖テクセル島から産出された肉用種。

コリデール

ニュージーランドが原産の羊で、毛肉を兼ねた用種。顔面と四肢が白くて、体の部分は長い毛で覆われている羊。日本で最も多く飼育されている品種です。

カターディン

フィニッシュ・ランドレース

フィンランドが原産で、フィンシープとも呼ばれている羊です。めん羊種。

ロムニー

英国ケント州の「ロムニー」の沼沢地方の原産で、この名がついています。イギリスでは「ケント」と呼ばれており、毛肉を兼ねた用種。

バルバドスブラックベリー

南アメリカのバルバドス共和国の羊です。バルバドスは、短毛羊、食肉及び闘羊で、背中の毛は薄褐色で胸から腹部にかけては黒色なのが特徴です。

ボーダーレスター

ボーダーレスターは英国の羊の品種の一つです。早熟、早肥で産肉性に優れており、ウールにも利用されています。

スコティッシュ・ブラックフェイス

イギリスの羊の種です。雄雌ともに角を持っていて、黒い顔が特長。ウールはカーペットなどに使用されます。

ドーセット・ホーン

1 2 3 4